6年ぶりに話す上の弟

スポンサーリンク

窓越しの陽射し

休日の朝。

布団から出ると、まずカーテンを開けて空を見ます。

晴れていれば洗濯、そうでなければ掃除。

洗った物を外に干す訳ではないから

曇りでも雪でも洗濯したってかまわないのですが

形だけでも天日に当てると、洗濯した!という気分になるのです。

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へにほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへにほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

いつも応援ありがとうございます

 


スポンサーリンク

 

6年振りの会話は

上の弟の携帯に6年ぶりに電話しました。

弟の次女、私から見て姪が年末に結婚していたからです。

 

この6年、ほぼ年賀状だけの付き合いでした。

弟は奥さんの家に婿養子に入っていて、三世代同居。

その状況を考えると、何気に電話も掛け辛くて、疎遠になっていたのです。

 

ちょっと勇気を出して電話を掛けて、6コールほど鳴らしましたが

弟は出ませんでした。

 

一旦電話を切るとスマホをテーブルに置いて、深呼吸をしました。

血を分けた兄弟だし、本人とは特に喧嘩別れをしたわけでもないのに

なんでこんなことで、いちいち緊張しているのかと思いながら…

 

1時間ほど経って、もう一度電話を掛けました。

 

「もしもしあの、札幌の…」

 

と言いかけたら、弟はすぐに

 

「ああ、お姉ちゃん?

言わんでも分かるよ」

 

と答えました。

 

「さっき、電話出んで、ごめんね?

髪染めとった。

もう真っ白だで」

 

とすぐさま続ける弟。

話の内容は年齢を感じさせるけれど、口調は全く変わっていません。

 

「〇〇ちゃん、結婚おめでとう。

年賀状の写真、すごくいい感じだったよ。

あの、よかったらご祝儀とか送りたいんだけど…」

 

と言うと、弟は

 

「ああ、別にいいよ。

こっちも知らせてなかったし、本人も家族だけ呼んで

あんま派手にやりたないって言っとったもんで」

 

「いや、でも□□ちゃんの時は渡したのに」

 

と、長女の時のことを言うと

 

「いやあ、上の子は派手にやったもんで、ありがたくもらったけど

〇〇はそんなお金もかかってないし、気にせんでいいよ。

 

っていうか、お姉ちゃんのほうが、今一人だもんで

あんま無理せん方がいいわ。

あれだわ、もう今年還暦じゃなかった?」

 

「還暦だけど、今、一応札幌のコールセンターで働いてるし

ご祝儀くらいなら出せるよ?

遠くてお年玉もろくにあげてないから、3人ともご祝儀くらいは

送ろうと思ってたし、姉妹で平等な方がいいと思って」

 

そう言うと、弟は

 

「まあ、それだったら、本人も喜ぶと思うし

ありがたくもらっとくわ」

 

と答え、その後はしばらく互いの近況について話しました。

 

今、弟は義実家と同じ土地のすぐ横に別棟で家を建て

別居になったので、精神的に楽になったとのこと。

それなら、たまに電話を掛けても大丈夫そうです。

 

隔てた時間が長くなりすぎて、最初の一歩にとても時間がかかったのに

直接話してしまえば、あっという間に壁が崩れて

昔に戻ったような感じ。

 

すぐに考え込む質の私だけれど、ひとつ自分を縛るものがほどけていったような

温かい気持ちで昨日一日を過ごしました。

 

昨日の夕食

さやえんどうの卵とじ、厚揚げと長ネギの煮物、ほうじ茶、ご飯。

白いご飯に醬油味は落ち着きます。

 

スポンサーリンク

 


 

ランキングに参加中です。

応援していただけるととても励みになります。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へにほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へにほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

『毎日が発見ネット』の体験記コーナーで、連載中。

第1第3土曜日に更新予定。21日に更新しました。

「本当に大事にされてる?」同棲中の私に母が一言。浮気夫の正体を見抜いた理由は.../くるぴた
皆様こんにちは、『ぼっちシニアの幸せ探し貯金日記』の管理人"くるぴた"です。 ここでは昔、結婚生活中に起こった「おいおい、ちょっと待て」と思うような出来事などを中心に書いていきます。 【前回】10万円の品物を36回払いで...? お金のない元夫がローンで買った高額品にイラッ! アラフォーで結婚した私と元夫ですが、当時、...

最後まで読んで下さって、ありがとうございました。

 

タイトルとURLをコピーしました