2020年12月の副業の収入とポケットの柿が破裂した話

スポンサーリンク

 

12月も中旬。

雪の降らない、乾いた冬です。

吐く息も白くならないけれど、店先にはシャンメリーや正月飾りが並んで

日にちが進んでいるのだけは、感じ取れます。

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ

 


スポンサーリンク





 

■副業の収入

報酬金額:32,000円
+消費税額:3,200円
-源泉徴収額(10.21%)3,267円

__________
振込金額:31,933円

手取り(消費税除く):28,733円

 

今月の入金は、先月よりも幾分、増えました。

冬になり、コロナ禍が威力を増す中で、仕事が増えるのはありがたいことです。

 

しかし勤務先がマンションから病院に変わって、運動量が増えたせいか

以前より無理がきかなくなってきました。

とくに腕を酷使しているので、繊細な作業には少なからず影響を及ぼしています。

 

これ以上在宅ワークの仕事量が増えると、厳しくなりそうなので

今くらいの状態で、長く続けられるように頑張りたいと思っています。

 

ところで、今日、仕事中に患者さんから柿をひとつ頂きました。

熟熟の、熟れ切った柔らか~い柿です。

 

毎日ゴミを引き取りに行くと、いつも

「ゴミ無いよ」

と答える、年配の男性が、今日に限って

 

「これあげる。

食べても投げてもいいから持ってって」

 

と渡してきたのです。

「投げても(捨てても)」と言うくらいだから、自分でも熟し過ぎだという

意識があるのでしょう。

 

以前、別の患者さんにも

「捨てていいから」

と、消費期限を1日過ぎたアンパンをもらったことがあります。

 

何と言うか…

もう捨てたいけれど、見た目は捨てるほどではないものを

罪悪感無しに処分したい時に、こちらに渡してくるような気がします。

 

とりあえず受け取った柿を(あとで捨てよう)と思いながら作業用ズボンの

脚のポケットに入れて、そのまま作業を続けました。

 

ゴミの回収が終わり、病室の掃除が始まって、しばらく経つと…

何か、左脚の太ももの外側辺りが、ひんやりしてきました。

 

初めは気にも留めていなかったけれど、だんだん『ひんやり』が

『じっとり』に変わってきて、ハッとしました。

 

じっとりした部分には、熟熟の柿が入っていたはず。

これは、もしかして…

 

慌ててポケットを見ると、ポケットの中はほぼ原形をとどめず

ペースト状になった柿の実だらけ。

 

何度もしゃがんだり立ったりを繰り返すうちに、潰れてしまったようです。

捨てるつもりでいたのに、途中ですっかり忘れて…

 

洗面所に行って必死に中身を掻き出し、仕事に戻りましたが

左太腿がすっかり冷えるし、気持ちが悪いしで最悪です。

 

次からは、期限の怪しい貰い物は辞退するか、すぐに捨てるようにしなければと

反省しています。

 

スポンサーリンク

 


ランキングに参加中です
応援していただけるととても励みになります

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へにほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

最後まで読んで下さって、ありがとうございました



タイトルとURLをコピーしました