ボーナスと配置転換の理由と思しきこと

スポンサーリンク

 

仕事を終え、休憩室に戻ると、S木さんが守衛さん用の椅子に脚を組んで座り

紙コップのコーヒーを飲みながら、休んでいる最中でした。

 

「あっ、くるさんねえ、言ってなかったけど、ボーナス出るからね。

うちの会社入ってギリギリ半年経つでしょ?

うちは半年経つとボーナス出るから」

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ

 



 

そういえば、マンションの清掃をしていた分も入れれば、半年が経ちます。

でも自分にはボーナスだの何だのは、縁がないものだと思って

意識の中からすっかり飛んでいました。

 

「ほんのちょっとだけどね、15日に振り込みあるからさ。

何年もいれば少しずつ上がっていくからね

 

と、「上がっていくからね」の部分を強調するS木さんから

ボーナスの明細が入った封筒を受け取りました。

 

毎日疲れ切って(仕事を辞めたい)と思わない日はないけれど

ボーナスの話を聞いて、沈んだ気持ちが僅かながら浮上した気がします。

 

さすがにその場で封を切って明細を見るのはちょっと…と思い

バッグに封筒を入れると、S木さんは

 

「やっぱ、あれっしょ。

会社に言って、若くて家が近い人に来てもらうように言って正解だったさ。

求人募集だと来る人来る人、60代後半とかばっかで…

うちの仕事はちょっと無理っしょ」

 

それって…私の配置転換のことでしょうか。

ええー…

 

あれはどうやらS木さんの鶴の一声で決まっていたようです。

前々からS木さんは社内での発言権が強いと感じていましたが…

条件がたまたま合ってしまったのが、私の運の無さでしょうか。

 

ちなみに家に帰って明細を見ると、ボーナスは5,000円。

雇用保険料と所得税が引かれて、手取り4,782円でした。

 

スポンサーリンク

 


ランキングに参加中です
応援していただけるととても励みになります

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へにほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

最後まで読んで下さって、ありがとうございました

 

タイトルとURLをコピーしました