2021年6月のパートの収入と猫がいなくなって一カ月

スポンサーリンク

 

今日は給料日。

いつもはもっとテンションが上がっているのに、今回は何か淡々としています。

6月にもらう給料は、5月に働いたお金。

5月を思い返せば、どうしても猫のことが浮かび、静かにならざるを得ないのです。

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ

 


スポンサーリンク

 


 

<今月の明細>

時間給 98,880円(通常20日分・残業1回分)

社会健康保険 5,120円

介護保険 882円

厚生年金 8,967円

雇用保険料 297円

所得税 0円

____________

振込金額 83,614

でした。

 

猫が亡くなった翌日に1日欠勤したので、給料は少なめです。

病院の清掃を始めてから、寝坊して1時間半ほど遅刻したことは1回あるけれど

仕事を休んだことはありませんでした。

 

今後も極力欠勤はしないようにするつもりですが、とりあえず

今月は倹約しないと…

 

猫の葬式から丸1ヵ月が経ち、だんだん『いないのが普通』になってきました。

いえ、どこか空虚な感じは消えないのですが、それが基準になってきたのです。

 

仕事から帰って、身体の節々が痛むので、2時間くらい横になり

回復したあたりでお供えと水、花の水を換え、お線香と蝋燭に火を点け

正座して手を合わせるのも日課になりました。

 

前に使っていたダイソーの火を使わない蝋燭は止めて、通販で買った

御仏前セットの蝋燭立てに、ダルマ蝋燭を立てています。

小さな炎が揺れながら写真立ての猫を照らすのを見ると、やはり本物の方が

良い感じです。

 

最期の苦しむ姿の印象が強すぎて、手を合わせるたびに謝ってしまうのですが

そんなことばかり考えるのもまた良くない気がして、最近は出来るだけ

幸せだった頃のことを思い返すようにしました。

 

ペットが亡くなった後で、そのペットの気配がするとか、声が聞こえるといった

話をたまに耳にしますが、うちはそういうのが一切ありません。

多分、成仏してくれたんだろうと思いますが、寂しいと言えば寂しいですね。

 

スポンサーリンク

 


 

ランキングに参加中です
応援していただけるととても励みになります

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へにほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

最後まで読んで下さって、ありがとうございました

 

タイトルとURLをコピーしました