義母が権利書を持ち帰った理由

スポンサーリンク

ダンナのメールには義母の病状と共に
権利書の件も書き添えてありました。

義母が権利書を持っていったのは
私たち夫婦とダンナの家族を交えた親族会議
5月のことです。

会議がもの別れに終わった後、残ったダンナと義母は
ダンナのマンションに帰って話をしました。

その時の義母の主張は

「離婚するつもりなら嫁に
家の鍵を持たせておくのは良くない。

分ける貯金も無いなら、留守中に貴重品を
持ち逃げしてしまうかもしれない。

鍵を返してもらえ。

自分の所なら鍵のかかる戸棚があるから
それまで大事なものは預かる」

ダンナとしては

鍵を返せ=離婚する

につながると思ったため
義母の申し出は断ったとか。

それでも義母はダンナの隙をついて
権利書を持ち帰ってしまったらしい・・・

ダンナの最初の離婚の時は出張中に
前の奥さんが通帳どころか
家財一式を運び出して逃げたと聞いています。

それで余計に用心深いというか
疑り深くなっていたようです。

気持ちはわからないでもないけれど
私と前の奥さんは違うんだし
そんな風に思われるのは
正直気分が良くないです。

こんなことなら会議で会った時に
さっさと鍵を返しておくべきでした。

近いうちに丈夫な封筒を買って
書留で郵送しようと思います。

—————————————————————-
スポンサードリンク

—————————————————————-

2社のランキングに参加中です
↓どれかをクリックしていただけると励みになります ↓

にほんブログ村 家族ブログ 離婚へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ

タイトルとURLをコピーしました