20日の収入は支払いで消える

スポンサーリンク
pexels-photo-29959-medium

5連休を終えて、また週末の始まり。

パートと自宅での仕事が交互にやってくる16日間のスタートです。

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ

スポンサーリンク





店のブースに入っての立ち仕事も5日間ぶり。

悪天候のせいもあってか、先週よりも少し客足が鈍くて

昼過ぎには多少の余裕があり、少し同僚と話をしました。

今日は遅番さんも割と機嫌がよさそう。

専門学校の彼女は4月から土日の昼間4時間バイトをしていて

遅番さんは土日を含めた週5日パート。御主人が平日休みなので

火曜と水曜に休みを取っているとのこと。

夕方のパートさんとは2時間しか一緒にいないし

忙しい時間帯なので、ほとんど仕事以外に会話をしたことがありませんが

遅番さんの話だと、やはりご主人が平日休みで帰宅が遅いのだとか。

私が1人なのに土日に入るだけなせいか

「何か他の仕事もしてるの?」と訊かれたので

自宅での仕事のことを話すと、遅番さんは得心がいったようです。

「じゃあ給料日が月2回なんだ。いいねえ」

そういえば、20日には自宅の仕事の振り込みがあったのでした。

毎月定額で、7万円。

でもこの収入に関しては振り込まれても、あまりテンションが上がりません。

通帳記入で内容を確認してはいないけど

すでに電気代、電話代、家賃が引き落とされているはず。

このあと携帯電話の料金とガス代、カードの使用料に…

冬なら灯油代もあって、7万円くらいあっという間。

一家の大黒柱が家にいて、人並みのお給料を家に入れてくれる

安心感のある生活に比べたら、こんな余裕がない暮らしは

全然「いいねえ」じゃありません。

私にも、この言葉を口にした彼女にも分かっているはずのこと。

でも私は

「あはは、いいでしょ?なんてね」

そう、笑って答えるのです。

スポンサーリンク








ランキングに参加中です
応援していただけるととても励みになります

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へにほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

最後まで読んで下さって、ありがとうございました




タイトルとURLをコピーしました