左目が緑内障 | ぼっちシニアの幸せ探し貯金日記

左目が緑内障

スポンサーリンク
lime-club-soda-drink-cocktail

眼科で診察を受けてきました。

本当は昨日も足を運んだのですが、お盆休みがまだ終わっていなかったので

今朝は電話で診療時間を確かめて、予約をしました。

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ

スポンサーリンク





病院に着いたのは、まだ午後の診療時間の少し前。

待合室の灯りが消えていて、一瞬予約時間を間違えたかと焦りましたが

すぐに明かりがついて、中から職員の女性に「どうぞ」と招き入れられ、ひと安心です。

待ち時間の間に問診表などを記入し、それが終わるとすぐに検査が始まりました。

最初は裸眼と矯正後の視力検査。

覗くと赤い気球が見える機器を使いました。

次に眼球に空気を当てる眼圧検査のあと、視野を固定して電子音と共に

あちこちに出る白い光が見えるかどうかを調べる視野検査…

その後瞳孔を開く目薬を15分毎に2回さし、眼底を検査して、やっと診察です。

検査だけで2時間近くかかりました。

先生の説明では、左眼の上下に視野の欠けがあることと、眼球に繋がる視神経に

くぼみができていること、視神経の数が減っているとのことで、緑内障と診断されました。

眼圧は15と正常値なので正常眼圧緑内障です。

右眼はわずかに視野が欠けている部分もあるけれど、視神経などには異常がなく

緑内障の診断は下りませんでした。

喘息があると使えない薬があるのと、時間帯などによって検査結果が変わってくるので

条件の違う時に何度か再検査をしてから使う薬が決まるようです。

ちなみに頭痛があることを尋ねてみると、それは眼病とは関係ないものなので、違う病院で

診てもらった方がいいと言われました。

もともと頭痛で目がおかしいのではと思って眼科にかかったので「あれ?」というか

ちょっと肩透かしな感じでしたが…

でも急性緑内障の場合はもっと頭痛が強く、眼球が痛んで視力が一気に低下したりするので

私には当てはまらないようでした。

急性だと即失明の危険があるので、慢性の方でまだよかったかもしれません。

これから定期的に眼科にも通うことになりそうです。

ちょっと面倒だけど、気付かなければもっと視野が欠けていたでしょうし

なんとか現状維持で持ち堪えられればと思います。

スポンサーリンク








ランキングに参加中です
応援していただけるととても励みになります

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へにほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

最後まで読んで下さって、ありがとうございました



タイトルとURLをコピーしました