夜の帰宅

スポンサーリンク
pexels-photo

パートの新しい勤務シフトにも、少しずつ慣れ始めてきました。

昼ご飯を食べた後、おもむろに身支度をし終え、ブログを書いてから出掛ける。

そんな日課もだんだん定まってきました。

元々似たような時間帯に、職場の休憩室でブログを書いていたので、そういうものだと

すでに身体が学習していたようです。

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ

スポンサーリンク





パートでの日常も、職場の面子が変わるくらいで、自分はほとんど変わりません。

ひたすらレジと商品補充で5時間が過ぎていきます。

多分一番変わったのが帰宅時の様子でしょう。

勤め先のある街は、静かな自宅近辺から一駅しか違わないとは思えないくらい

夜は活気があります。

駅から職場の間には、お酒を出す店がけっこう多くて、私が帰宅する8時過ぎは

ちょうど1次会が終わった人達が店から出てくるような時間帯です。

歩道に酔った人が溜まっているのを、ときどき避けたりすり抜けたりしながら帰ることは

以前の帰宅時間帯には、ほとんどありませんでした。

昨日宅飲みで酔っ払った自分が言うことでもないけれど、酔った人は自制心が

薄くなりがちです。

素面なら言わないような、口汚い言葉も、頭に浮かんだそのままに、声に出す人もいます。

たまたま横をすり抜けただけでも

「なんだ?このババア」

などと、罵声を浴びせるような人も、いなくはありません。

夜の街にはどんな人物が紛れているのかもわからず、物騒です。

若い女の子のような心配はなくても、私だって財布くらいは持っていますし

用心に越したことはありません。

少し前まで、帰宅時間は仕事から解放されて、ちょっとした自由を味わえる時間だったのに

今は仕事とは違う緊張感を抱えながら、足早に通り抜けたいと思う時間に変わったのでした。

スポンサーリンク







ランキングに参加中です
応援していただけるととても励みになります

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へにほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

最後まで読んで下さって、ありがとうございました



タイトルとURLをコピーしました