過去が過去になっていた

スポンサーリンク
pexels-photo-1228133

休みが終わって、また一週間、働く日々が始まります。

天気予報は悪くなかったのに外は真っ暗で、車が水を跳ねる音が響いてきました。

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ


スポンサーリンク





木曜日は基本的に午前の飲食店パートは休みで、午後からの販売店パートだけです。

でも今日は朝11時から販売店のパートに出ています。

朝、店長さんから電話があって

「急に2人欠勤して人手が足りないから、今日だけ早めに出てもらえないかな」

と打診され、承諾したからです。

今日は午前11時から4時間働き、3時から1時間休憩して、午後4時から4時間働いて

いつもと同じ午後8時に帰宅する予定。

弁当を作る暇が無かったのと、休憩時間が中途半端なので食欲が起きず

職場でランチパックと牛乳を買って、適当に済ませました。

久しぶりに少し品出しを手伝ってお昼時のレジに入ると、この店で1日7時間

フルタイムで勤めていた頃の感覚が蘇ってきます。

それと同時に、頭の中の別のどこかで

(こんな働き方は今日だけ、元には戻らない)

と、違和感を感じる気持ちもあって、何だか幻を相手にしているような

妙な気分になります。

まだ始まって1ヶ月経つか経たないかだけれど、2つのパートを掛け持ちする生活が

自分にとって本当の生活として馴染み始めているのでしょう。

また木曜日に頼まれれば断らないけれど

(本当はここでフルタイムのままで働きたかった)とか

(時間を削られて辛い)みたいな感情が全然わかなくなって

ただの職場の一つになっているのに、自分でも少し驚いたのです。

スポンサーリンク








ランキングに参加中です
応援していただけるととても励みになります

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へにほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

最後まで読んで下さって、ありがとうございました



タイトルとURLをコピーしました