古株さんに呼ばれる

スポンサーリンク

pexels-photo-395181

 

朝は上天気で、半月後もこんな天気なら、引っ越しも楽だろうなあ…

と思っていたら、気が付けば吹雪。

まあ、よくあることですが。

明日、明後日はパートが休みだけれど、やることが満載で

なかなか息をつく暇はなさそうです。

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ

 


スポンサーリンク





 

11時から3時間、いつものように厨房で仕事をしてきました。

 

そこそこ忙しいとはいえ、平日のこと。

ランチタイムも終盤になると、多少の余裕も出てきます。

 

(あと20分もすれば今日の勤めも終わるな…)

そう思っていた頃、古株さんが私に声を掛けました。

「ちょっと、いい?」

 

高校生のバイトの子をいびった件で、店長さんから注意があって以来

ずっと沈黙を守ってきた古株さんが、です。

 

一瞬、警戒しましたが、私自身は古株さんとも高校生の子とも

とくに何かあった訳でもなく、中立的な立ち位置だと思って

呼ばれたところに行きました。

 

古株さんに

「これちょっと手伝って」

と言われた作業は、夕方以降の分の下ごしらえ的なもので、かなりの量があるけれど

そんなに急ぎではありません。

 

でもほかの作業と並行してやると、結構大変なのが分かるので

言われたとおりに、古株さんの横で手伝いました。

 

指示通りに5分ほど黙々と作っていると、古株さんの方から

「もう試用期間終わったよね、仕事は慣れてきた?」

と聞かれました。

 

そのままたわいもない会話を少ししましたが

古株さんは以前のようなヒステリックな感じを抑えて、言葉を選んでしゃべって

いるような感じでした。

 

そのまま私の方は勤務時間の終わりが来て、職場を後にしてきましたが…

 

何か心境の変化があったのか、そうせざるを得ない状況になっているのか

よく分からないし、私が何かを言う立場でもありません。

 

職場に波風が立たないのであれば、それを素直に受け入れた方がいいのかな…

と言う気がしています。

 

スポンサーリンク

ランキングに参加中です
応援していただけるととても励みになります

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へにほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

最後まで読んで下さって、ありがとうございました



タイトルとURLをコピーしました