掃除はあれで終わりですか

スポンサーリンク

 

階段の近くのスペースで、ダスタークロスに着いた埃を取っていると

下の階からY崎さんが階段を上ってきて

 

「何か持ってくゴミある?」

 

と聞いてきました。

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へにほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

 


 


 

 

多分もう手元の仕事を全部終えたのでしょう。

私はその時点ではまだ30分くらいかかりそうだったので

こちらのゴミも持って行ってくれるのはとてもありがたいのです。

 

お礼を言っていると、車椅子がスーッとこちらに近寄ってくるのが見えました。

例の、あまり上手くいってない患者さんです。

 

「○○○号室の左奥ですけど、掃除ってあれで終わりですか」

あっ…と思いました。

 

○○○号室の左奥の掃除をするとき、この患者さんがベッドの横の空きスペースの

車椅子に座っていました。

 

「お掃除入ります」

 

と声をかけたけれど、患者さんは無言で一切動きません。

 

会社から、空きスペースに患者さんが座った車椅子があるときは無理にモップを

突っ込んだりせず、届く範囲で手早く終わらせるように教わっていたので

その通りに清掃をしたのですが…

 

ベッドで横になっている患者さんや、どこかに行っている患者さんと比べて

掃除が行き届かない状態ではあったのです。

すみませんと謝罪していると、患者さんは

 

「もっとちゃんとやってもらえますか」

 

低い声でそう言うと車椅子を漕いで、立ち去っていきました。

 

怪訝な顔をしているY崎さんに事情を説明すると

 

「厳しいね」

 

と一言だけ言って、ゴミを持つと階段を下りていきました。

 

急いで○○○号室に行くと、車椅子のないベッド脇には髪の毛が

いくらか落ちています。

すぐにベッド脇とベッドの真下をクロスとモップで掃除して、次の病室に向かいました。

 

いろいろな条件や事情があったとしても、実際に床が汚れていたら

言い訳はできない仕事です。

次はこういうことが無いように気を付けるしかありません。

 

などと言いつつも、正直に言えば、やっぱり病院の仕事はもう辞めて

オフィスビルやマンションなどの、直接人と接しない現場の仕事に転職できるならしたい

というのが本音なのですが…

しがらみがあって、難しいところなのです。

 

スポンサーリンク

 


 

ランキングに参加中です
応援していただけるととても励みになります

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へにほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

『毎日が発見ネット』の体験談コーナーで、連載中。

よろしければ、お手隙の際にでもご覧いただけると幸いです。

「ドラキュラかよ...」明るい照明が苦手な夫。薄暗い部屋での生活は散々なもので.../くるぴた
皆様こんにちは、『離活のためのアラフィフ貯金日記』の管理人"くるぴた"です。 ここでは昔、結婚生活中に起こった「おいおい、ちょっと待て」と思うような出来事などを中心に書いていきます。 【前回】同棲中の住まいに初対面の義母がアポなし訪問! 2人きりのリビングで尋問が始まった.../くるぴた 【最初から読む】某巨大掲示板で...

 

最後まで読んで下さって、ありがとうございました

 

 

タイトルとURLをコピーしました