部屋を出ていくとき

スポンサーリンク

 

 

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へにほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

 


 


 

昨夜、掛け布団を出しました。

 

春の終わりから前日まで使っていた、薄くて軽いガーゼケットに慣れたせいか

布団が重く感じられます。

そのせいか、夜中に目を覚ましました。

 

その短い睡眠の中で、久し振りに夢を見たのです。

布団で仰向けに寝ていると、右側に置いてある棚の上に香箱座りの猫がいて

私を見下ろしています。

一瞬目が合うと、猫は目を細めて丸くなり、そのまま棚の上で丸くなって

眠ったようでした。

 

たったそれだけの夢。

以前は日常の一部だった夢です。

 

私は布団で寝ているときに『布団で寝ている夢』を見ることがたまにあって

起きて、一瞬夢と現実を混同してしまうことがあるのですが

これは夢だと、すぐ我に返りました。

 

前日に猫のことを考えたから、こんな夢を見たのでしょうか。

 

猫はとっくに現実にはいないのに、自分が捉われているだけなのでしょう。

でも、まだ5か月も経っていないのです。

 

こういう感情が残っているうちは、5年でも10年でも

ここにいた方が良いのだろうと思います。

 

いつか、もうここにいなくてもいい。

そう思える時が来たら、迷うことなく引っ越すような気がします。

それが『成仏した』という状態なのだと思うのです。

 

スポンサーリンク

 


 

ランキングに参加中です
応援していただけるととても励みになります

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へにほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

『毎日が発見ネット』の体験談コーナーで、連載中。

よろしければ、お手隙の際にでもご覧いただけると幸いです。

「ドラキュラかよ...」明るい照明が苦手な夫。薄暗い部屋での生活は散々なもので.../くるぴた
皆様こんにちは、『離活のためのアラフィフ貯金日記』の管理人"くるぴた"です。 ここでは昔、結婚生活中に起こった「おいおい、ちょっと待て」と思うような出来事などを中心に書いていきます。 【前回】同棲中の住まいに初対面の義母がアポなし訪問! 2人きりのリビングで尋問が始まった.../くるぴた 【最初から読む】某巨大掲示板で...

 

最後まで読んで下さって、ありがとうございました

 

 

タイトルとURLをコピーしました