自分のではないフェイスシールド

スポンサーリンク

 

気候は良くなって来たけれど、病気は家の中を暗くします

病状が進んで、猫が自主的にホースから出る酸素を

吸いに来るようになってきました。

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へにほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

 


 


 

朝、いつものようにモップ2本と洗剤や雑巾、スポンジなどが詰まった

カゴを持って、自分の持ち場に行きました。

 

最初はダスタークロスのモップとゴミ袋、一般用の雑巾しか使わないので

いつものペースで掃除を進めていったのですが…

 

先生や看護師さんの休憩室エリアに行き、トイレ掃除の道具を取り出そうとして

初めて自分のものではないフェイスシールドが、カゴに入っているのに

気がついたのです。

コレは一体…?

 

心当たりはありませんでしたが、シールドをよく見ると

フレームに名前が書いてあります。

 

「S木 ②」

 

S木さんの予備のシールドでした。

それがなぜ、私のカゴに…?

 

それはともかく、このままカゴに入れておくと汚す可能性がかなり高いです。

この後トイレ掃除で、トイレ用の洗剤やらスポンジやら雑巾やらを

交互に何度も出し入れするし、飛沫が掛からないように気にしていたら

作業のスピードを上げられません。

 

仕方なく地下から階段を上って、清掃の方の休憩室に戻って

フェイスシールドを所定の場所に戻して来ました。

 

これだけでも結構な時間のロスで、迷惑だなーと思いつつ持ち場に戻りました。

 

しばらく経って、出たゴミをゴミ置き場に持って行こうと

階段を降りると、課長さんがいて

 

「ああ、くるさん、あのね、昨日から夜の部に新しい人が入って

その人用のフェイスシールドを道具庫に置くようにしたから

勝手に持って行かないでね」

 

えっ…?

 

私は昨日は休みで一切事情は聞いていないし、問題のシールドは

私が勝手に持っていったわけではなく、私のカゴに入っていたから

仕方なく戻したのに…

 

「あの、あれは私のカゴに入ってたから、返しに行っただけなんですけど」

 

冷静に言ったつもりが、ちょっとだけイライラが表に出てしまったかもしれません。

課長さんは少し驚いた様子で

 

「あっ、そう、カゴに。

ごめんごめん、後で言っとくわ」

 

と言いながら、去っていきました。

 

結局なぜシールドが、私のカゴに入っていたのかは分からずじまいでしたが…

 

このところ猫の病状が重くなって、長期休暇など夢のまた夢のこの職場は

正直すぐにでも辞めたいくらいなのに…

妙な言い掛かりをつけられたら、そうそういい顔もしてはいられないのです。

 

スポンサーリンク

 


ランキングに参加中です
応援していただけるととても励みになります

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へにほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

最後まで読んで下さって、ありがとうございました

 

タイトルとURLをコピーしました