新しい守衛さんがもう辞めた

スポンサーリンク

 

最近は出勤前に猫がすごく甘えてくるので、しばらく撫でてから家を出ますが

物凄く後ろ髪を引かれる思いです。

酸素ハウスに入れても、大人しく入っているようになったし

残り短い時間をもっと大切にしたいのですが…

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へにほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

 


スポンサーリンク

 


 

昨日も清掃の仕事を終えて、やれやれと休憩室兼守衛室に戻ると

一番新しい守衛さんがいました。

 

普段は守衛さんがいない時間帯のはずなのに…と一瞬戸惑いましたが

見る限り守衛さんは荷物をまとめているようでした。

 

「ああ、すいません。

私、今日で退職するので…」

 

ボストンバッグにちょっとした着替えや、上履き用と思われる靴などを

詰め込む守衛さんに声を掛けようとして、名前を忘れているのに気付きました。

 

守衛さんは早朝しか接点がなく、勤怠表なども別なため、名前を知る機会は

最初に挨拶した時くらいしかないのです。

 

かと言って、これから居なくなろうとしている人に名前を聞くのも気まずくて

そのまま挨拶をして見送りました。

 

去り際に守衛さんは、500mlnoペットボトルのお茶2本とスナック菓子1袋を

「人数分ないけど、皆さんでどうぞ」

と置いて行ったのですが、どう見ても餞別ではなく、夜勤の時に

自分で飲食するためのもの。

 

本当は持ち帰るつもりが、偶然私が戻って来てしまったので

置いて行ったのかも知れず、その辺りも若干気まずかったです。

 

夕方、家でくつろいでいると、S木さんから電話がありました。

 

「あのさあ、悪いけど来週水曜日の残業、木曜日に代えてもらえないかなあ?

今度の警備の人が辞めちゃってさあ、警備の仕事の内容

こっちは把握してないから、私と課長とで仕事覚えることになってさ。

水曜日に課長と◯◯さん(前からいる守衛さん)と私とで

病院に泊まりがけになったから」

 

いや、残業は猫さえ大丈夫そうなら何曜日でもいいというか…

逆に猫が危なかったら、いつになろうが全力でお断りしたしますが。

 

それよりS木さんも、いくら契約社員とは言え、正社員でもないのに

男性2人と泊まりがけになるような仕事を、60代半ばでやらなくては

ならないというのも…

 

どれだけうちの会社はブラック企業なのか。

やはり長居はできないと、改めて思ったのでした。

 

スポンサーリンク

 


ランキングに参加中です
応援していただけるととても励みになります

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へにほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

最後まで読んで下さって、ありがとうございました

 

タイトルとURLをコピーしました