派遣会社の面接に行ってきました

スポンサーリンク

 

昨日は派遣会社の面接でした。

2年近く履いていなかったヒールの靴が、爪先を締め付けます。

札幌駅と大通駅を繋ぐ地下歩行空間の片隅を、カチカチに緊張しながら

歩いて行きました。

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へにほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

いつも応援ありがとうございます

 


スポンサーリンク

 


 

 

面接会場のあるオフィスビルの一角。

予定の時間より20分近く早く着いてしまい、ドアのガラスの向こうに

受付の女性が駆け寄ってくるのが見えました。

 

今回、面接に来ていたのは、私を含め3人。

他の2人がスーツを着た30代くらいの男性だったのが、ちょっと衝撃でした。

 

前に登録した派遣会社は、上半身がスウェットだった人もいるくらい

服装がラフだったし、8:2で女性が多かったのです。

 

実は今回の案件は、この地域としては比較的時給が高い仕事でした。

 

前に行っていたコールセンターで、派遣慣れしている若い女の子に

「時給と仕事の難易度は一致しない」

と聞いていたし、『シニア応援』とも書かれていたので

思い切って応募してみたのですが…

 

やはりある程度時給が高くなると、軽いアルバイト感覚というより

本気で職を探す人が多くなるのかもしれません。

 

面接の前に申し込み用紙とアンケート用紙を渡されました。

アンケート用紙の方には、現在募集中の派遣の案件がたくさん。

その案件の中でやってもいいと思われるものに◯をつけるよう説明を受けました。

どうやら今回不採用になっても、仕事の紹介そのものはあるようです。

 

そしていよいよ面接が始まりました。

今回の派遣先は服装に厳しく、研修とOJTの期間が長いとのことで

対応できるかを聞かれたり…

 

そして、前職について尋ねられ、前に勤めていたコールセンターの話をすると

面接官の男性が

 

「そこ、知ってますよ。

僕も前にそこにいましたから」

 

なんと私がいた職場で働いていた経験がある人でした。

それなら私がどんな仕事をしていたのか、言わなくても分かっています。

それが吉と出るか、凶と出るか…

いずれにせよ世間は広いようで、案外狭いものです。

 

その後、タイピングテストとロールプレイングテスト、心理テストを経て

約2時間程で全行程が終了しました。

 

雰囲気的に、合否は五分五分といった感じ。

結果が出るのは12日、電話がかかって来なければ不採用です。

 

それまで悶々としながら、更に求人広告を見たり、履歴書を書いたりして

過ごすことになるでしょう。

 

明日はリハビリ。

今週の求職活動は、取り敢えずここまでです。

 

スポンサーリンク

 


 

ランキングに参加中です。

応援していただけるととても励みになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へにほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

『毎日が発見ネット』の体験記コーナーで、連載中。

よろしければ、お手隙の際にでもご覧いただけると幸いです。

妻のモノを勝手に使う夫...えっ? まさかコンタクトレンズまで!?/くるぴた
皆様こんにちは、『離活のためのアラフィフ貯金日記』の管理人"くるぴた"です。 ここでは昔、結婚生活中に起こった「おいおい、ちょっと待て」と思うような出来事などを中心に書いていきます。 【前回】仕事も家事も全部私!? 生活費の折半を夫に頼んだら...返された一言で芽生えた「ある決心」/くるぴた 【最初から読む】某巨大掲示...

最後まで読んで下さって、ありがとうございました。

 

タイトルとURLをコピーしました