行きつけの美容院

スポンサーリンク

 

陽射しの下を歩く真昼。

日焼けカバーをせずに、うっかり腕を焼いてしまいました。

それでも両手を振って歩きたいから、日傘よりは帽子派です。

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ

 


スポンサーリンク





 

今日はかなり久しぶりに、いつもの美容院に行ってきました。

 

ここにはかれこれ10年以上お世話になっているのですが、コロナで三密状態になる不安や

こちらの無職期間が長引いたため、ずっと行っていませんでした。

 

でも、ここは少人数でやっているのと、場所が駅に近いビルのテナントで

家賃がかかりそうなので、店を畳んだりしないかずっと心配していたのです。

 

予約の電話を掛けた時、ちゃんとお店に繋がってホッとしました。

ただ以前は、なかなか希望の時間に予約が取れなかったのが、今回はあっさり取れ

やはりお客さんは減っているようです。

 

お店に行くと、いつもの美容師さんが現れ

「久しぶりー、元気でした?」

と、いつもの調子で明るく話しかけてきました。

 

しばらくブランクがあったこともあり、施術中もいろいろと話は弾みます。

 

美容師さんによると、北海道は他より非常事態宣言が早めに出たこともあって

3月あたりからすでに経営はかなり厳しく、一時は店を諦めることも

視野に入れていたそう。

 

それでも、自粛が解除になったあたりから、少しずつ馴染みのお客さんが戻り始めて

今も元通りとはいかないけれど、売上は以前の7~8割ほどにはなっているようです。

 

こちらも派遣を辞めたことや、10年前にいた職場に戻っていることなどを話すと

「やっぱりストレスの多いとこより、大変でも精神的に楽な仕事の方がいいですよね」

との返事が…

 

下の弟やAさんに同じことを話したときには、心配されると同時に

「派遣を辞めるべきではなかった」

という論調だったため、道を誤ったのかと悩んだ時期もあります。

 

赤の他人だから気楽に言えたのもあるかもしれませんが

私としてはちょっと心強く思いました。

 

美容師さんはフランクに、だけど真面目に

「今は経費を削ったりして大変だけど、何とかして売り上げを元の数字に戻したい」

と言っていました。

 

そういえば、いつもなら手渡される雑誌が最新号だったのに

その時は3週間くらい前に出た本です。

 

こちらとしては普段読まない雑誌なので、多少古くてもどうということは無いのですが

こういう細かいところから経費を削っているのでしょう。

 

全ての工程が終わり、手鏡を持たされて頭の後ろの方まで確認。

今回も満足の仕上がりになりました。

 

当分の間、厳しい状態が続くでしょうが、何とか苦境を乗り越えて

お店を続けていって欲しいと心から思います。

こちらも頑張る力を分けてもらったような気がした一日でした。

 

スポンサーリンク

 


ランキングに参加中です
応援していただけるととても励みになります

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へにほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

最後まで読んで下さって、ありがとうございました



タイトルとURLをコピーしました