時間の猶予がなさすぎる

スポンサーリンク

 

深夜から夜明けへ。

こんな時間に毎日起きているようになって、どれくらい経つでしょうか。

直そうとしてもなかなか直せない、ある種、呪いのようなものです。

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ

 


スポンサーリンク


 

清掃会社の方から打診された、自宅近所の病院の勤務。

おそらく明日から1カ月前後、そしてその後も欠勤する人がいたら、出勤。

1時半から4時半まで、3時間労働。

 

急な話です。

今日これから出勤したら、請けるか否か、返事をしなくてはなりません。

 

依頼の現場は私の自宅に近い病院。

ですが、今の仕事場のマンションからは約30分移動にかかります。

 

前にもパートの掛け持ちをしたけれど、職場同士が近くて5分以内に移動できました。

仕事と仕事の間に1時間30分あるとはいえ、ゆっくりできるかどうか…

 

そもそも私の体力で、1日8時間の肉体労働に耐えられるか。

そこに不安が残ります。

 

派遣は座業だったので、8時間、残業9時間でも何とかなりましたが

ずっと身体を動かしっぱなしで8時間耐えられるか。

 

猫の留守番も長くなってしまいます。

実はこれが一番引っかかっているのです。

 

せっかくストレス性のはげが治ったばかりなのに、再発したら

わざわざ一日5時間の仕事を選んだ意味が無くなってしまいます。

 

ただ、在宅ワークが思わしくない状態だし、1カ月だけ。

あとは欠勤する人が出た時のみの出勤。

ここからの1カ月を乗り切れば、あとは月に数回です。

 

今の時点で気持ちが5分5分で、どうしたらいいのか迷ったままですが…

本当にもっと考える猶予が欲しかった…

急な話に急な返事です。

 

それでも朝が近付いています。

出勤するまでには、決めなければ。

 

スポンサーリンク

 


ランキングに参加中です
応援していただけるととても励みになります

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へにほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

最後まで読んで下さって、ありがとうございました

 

タイトルとURLをコピーしました