勧められても猫を飼えない理由

スポンサーリンク

 

金曜日にパート先の先輩のS木さんが、2度目のコロナワクチン接種をした後

副反応などがどうなったかは、今のところ分からないままです。

 

仕事の進み具合によっては、全然他のパートさんと合わない日もあります。

土曜日がそれでした。

勤怠表を見ると出勤はしていたようなので、大丈夫ではあったのでしょう。

 

これで職場でワクチンを打って、副反応が強く出た人は3人中1人。

感染者数が増える中、私は1回目がまだ3週間先なので

ソワソワしながら待つだけです。

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へにほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ


 


 

 

そう言えば、先週の中頃、S木さんに言われました。

 

「そろそろ次、何か飼わない?

犬でも、猫でも。

前行ったペット霊園の近くに保護施設があるから、いつでも連れてくよ」

 

「飼うとしたら猫ですけど…

今借りてる部屋がオーナーチェンジで、ペット禁止になったんで

引っ越さないと飼えないです」

 

そう答えると、S木さんは残念そうにしていましたが…

 

オーナーチェンジの件は本当だけれど、それ以上にまだ

新しい動物を飼う気が起こらないのです。

 

自分がもう若くない、ペットを遺していくことになったら困ること。

まだ前の猫が思い出になっていないこと。

 

前の猫は元々うちの実家で飼われていた猫。

母が末期がんで、もう2ヶ月しかもたないと言われたのを期に

私は元夫と結婚していましたが、その間だけ実家に戻って

朝夕は家事、昼は入院している母に付き添っていました。

 

既に末期だったのと、抗がん剤の副作用で、1日ごとに認知関係の症状が

ひどくなる母と一緒にいて、自分も精神的にかなり参っていた私にとって

心の支えは、その猫でした。

 

母が亡くなった後、私は札幌に戻り、2年程は弟が猫の世話をしていたのが

猫アレルギーの相手と結婚が決まって、飼えなくなりました。

 

うちの猫はあまり人に懐かないため、もらい手もなく

処分するしかないとなったので、弟の結婚式のタイミングで

私が札幌まで連れてきたのです。

 

そういう背景があったので、前の猫の時には何の選択肢も無かったし

最後まで面倒を見ようという使命感が強かった気がします。

 

でも今は、例えば、猫の保護施設に行っても、沢山の猫がいたら選べません。

皆同じようにその場所を出たいと思っているだろうに…

 

それに、前の猫が病院に通うようになってから死に至るまでの現実を

体験して2ヶ月ちょっと。

 

普段の生活では思い出さなくなったけれど、やっぱり消化できていません。

掘り返すと、生々しく甦ります。

心が折れたままなのです。

 

ペットは、飼い主としての自分の意思が強くないと、飼えない。

そう思うのです。

 

スポンサーリンク

 


 

ランキングに参加中です
応援していただけるととても励みになります

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へにほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

 

『毎日が発見ネット』の体験談コーナーで、連載中です。

お手隙の際にでもご覧いただけると幸いです。

冴えない夫にネット限定のモテ期到来!? 某掲示板で浮気相手と公開ラブラブ交換日記!/くるぴた
皆様こんにちは、『離活のためのアラフィフ貯金日記』の管理人〝くるぴた〟です。 ここでは昔、結婚生活中に起こった「おいおい、ちょっと待て」と思うような出来事などを中心に書いていきます。 前回の記事:夫の「ダサ派手ファッション」にげんなり。怒ると物に当たることにも慣れてしまって.../くるぴた 私が北海道へ渡り、元夫のマン...

 

最後まで読んで下さって、ありがとうございました

 

タイトルとURLをコピーしました