悲しみという感情が遠のく

スポンサーリンク

 

 

今月から始まった『王様ランキング』のアニメを見ては泣いています。

北海道だと放送が少し遅いので、思わずAmazonプライムに加入してしまいました。

 

自分のことで泣くと、一時的にはストレスが減るような気がするけれど

冷静に戻った時に、虚しさがやって来ますが

物語で涙を流すと、他の雑多な感情にとらわれず

純粋に心が洗われる感じがします。

 

もっとも最近は、泣きたくなるようなこと自体、滅多に起こりませんが…

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へにほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

 


 


 

 

完全な一人暮らしになって、5ヶ月が経ちます。

猫が居なくなる前後は悲しみしか無かったはずなのに

いつの間にか、淡々と暮らすようになりました。

 

人生に全く波風が立たないわけではないけれど

理不尽さに対して怒ったり、どうしたらいいか分からず困惑したりはしても

悲しみには向かわないのです。

 

自分にとって大切だと思うものが、少なくなってしまったせいでしょうか。

自分一人だと、何か起こっても感情を殺して受け流していると

いつのまにか終わっていたり、それに慣れてしまったりしています。

 

これが良いことなのか、そうでないのか分からないけれど、平和ではあります。

 

でも感情の一部を完全に失うのは、人としてどうなのかと思うからこそ

物語で補完しているのかもしれません。

 

スポンサーリンク

 


 

ランキングに参加中です
応援していただけるととても励みになります

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へにほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

『毎日が発見ネット』の体験記コーナーで、連載中。

よろしければ、お手隙の際にでもご覧いただけると幸いです。

初めての義実家訪問。質問攻めにあう私を無視し、夫は眠りこけた.../くるぴた
皆様こんにちは、『離活のためのアラフィフ貯金日記』の管理人〝くるぴた〟です。 ここでは昔、結婚生活中に起こった「おいおい、ちょっと待て」と思うような出来事などを中心に書いていきます。 【前回】「ドラキュラかよ...」明るい照明が苦手な夫。薄暗い部屋での生活は散々なもので.../くるぴた 【最初から読む】某巨大掲示板で知...

 

最後まで読んで下さって、ありがとうございました

 

 

タイトルとURLをコピーしました