血液検査の結果

スポンサーリンク

 

月が替わりました。

10月生まれのうちの猫は、15歳になります。

記念すべき誕生月だけれど、今が正念場。

この先も数年単位で一緒に暮らせるか…大きな分かれ道です。

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ

 


スポンサーリンク


 

昨日は朝から気もそぞろで、仕事中も血液検査のことで頭は一杯。

 

午後の診療時間が始まると、すぐに掛かり付けの動物病院に電話をしました。

受付の人から先生に代わるまでの、保留のオルゴールが長く感じられます。

 

電話口に出た先生に、うちの猫の血液検査の結果を簡単に教えてもらいました。

 

まず腎臓の数字があまり良くなかったのと、肝臓のALTという数値が

通常の1.7から1.8倍ありました。

手術自体は受けられますが、その2、3日前に点滴をする必要があります。

 

そして点滴の予約を土曜日、手術の予約を火曜日に取ることに。

土曜日に来院した時に、費用等の説明もあるそうです。

 

また、何日も入院するかと思いきや、日帰りか状況によって1泊くらいで済むとのこと。

 

とりあえず手術自体は可能なようで、少し安心しましたが…

やはり不安の方が大きいです。

 

最初に病院に連れて行ってから、手術まで結構日数がかかるので

その間にも進行してしまわないかとか、手術が成功するかどうか。

 

手術後に家でどんな状態で様子を見ることになるのか

そして治療に伴う費用がどれくらいになるのか…

 

でも、このまま何もせずに、最悪の状況を迎えるわけにはいきません。

最初に猫を引き取ることになった時、絶対に最期まで面倒を見ると決意しました。

それを今さら覆すわけにはいかないのです。

 

たったこれだけの文章に、2時間半以上もかかっています。

パソコンに向かうたびニャーニャー鳴かれ、ずっとかまうようにせがまれるのです。

 

もしかして、残された時間を無意識に自覚しているのか

病気で以前と違う体調になっていることに不安を感じているのか

それとも何も考えていないのか…

 

今も玄関側でずっと鳴いているので、様子を見てきます。

 

スポンサーリンク

 


ランキングに参加中です
応援していただけるととても励みになります

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へにほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

最後まで読んで下さって、ありがとうございました

 

タイトルとURLをコピーしました