1時間の残業なのに拘束時間が長い

スポンサーリンク

 

あまり北海道感が無い今年の夏。

こんなに30℃超えの日が多くなるとは…

東京じゃ暑いからマラソンを札幌に持ってきたのに、当日は大丈夫なのか

心配になってしまうほどです。

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へにほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ


 


 

 

今日は午後から、S木さんが2回目のコロナワクチン接種をするため

少しだけ私が代理で仕事をすることになりました。

 

普段通り午前10時半に一度帰宅して、午後2時にまた職場に来て

1時間だけ働くのです。

職場の近くに住んでいると、こういうシフトを組まれることもあります。

 

悩ましいのは今、急ぎの在宅の仕事を抱えていること。

こういう時に限って、昨日は残業が3時間、今日は途中抜けの1時間。

 

往復にかかる時間を除いても、昼に3時間の休憩時間があるけれど

在宅ワークをするにはどうにも中途半端なのです。

どうしてもパートの仕事で拘束されている感じが抜けません。

 

トイレ掃除で水がはねたりしている制服を着たまま家に入るのに

どうしても抵抗があるので、玄関先でシャツとズボンを脱いで

どこも締め付けないダボッとしたワンピースに着替えました。

 

食事をしないとバテてしまうから、作り置きの野菜の煮物と納豆などで

簡単にご飯を食べて、机に向かいました。

 

結局仕事に使える時間は2時間ほど。

多少は進めることができましたが、波に乗り始めたところでタイムオーバー。

 

病院のパートに戻ろうと玄関に行き、一旦脱いだ制服をもう一度着たら

首から背中にかけて、一目見て汗でジットリしているのが分かる状態です。

 

うわ〜…というか、うへ〜…というか…

湿った布が身体中にまとわりつくように引っかかって、気持ち悪い…

 

1時間の残業はすぐに終わったので、それはそれとしても

こういうシフトパターンは、もう勘弁して欲しいというのが本音です。

 

スポンサーリンク

 


 

ランキングに参加中です
応援していただけるととても励みになります

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へにほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

 

『毎日が発見ネット』の体験談コーナーで、連載中です。

お手隙の際にでもご覧いただけると幸いです。

冴えない夫にネット限定のモテ期到来!? 某掲示板で浮気相手と公開ラブラブ交換日記!/くるぴた
皆様こんにちは、『離活のためのアラフィフ貯金日記』の管理人〝くるぴた〟です。 ここでは昔、結婚生活中に起こった「おいおい、ちょっと待て」と思うような出来事などを中心に書いていきます。 前回の記事:夫の「ダサ派手ファッション」にげんなり。怒ると物に当たることにも慣れてしまって.../くるぴた 私が北海道へ渡り、元夫のマン...

 

最後まで読んで下さって、ありがとうございました

 

タイトルとURLをコピーしました