目の前で院長先生が

スポンサーリンク

 

7月に入りました。

今年も後半戦です。

前半はいろいろあって、落ち込むことも多かったけれど

これからいろいろ立て直していきたいと思っています。

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へにほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

 


 


 

 

それにしても、昨日の残業は堪えました。

堪えすぎて、昨日ブログを書いている途中で寝てしまうほどです。

 

もともと5時間勤務のパートですが、残業のある日は8時間勤務。

しかし休憩を含めた待機時間が90分あるので、その分拘束時間は長くなります。

 

しかも、今週は平日も在宅の仕事があって、睡眠も足りていません。

そのせいか、頭がぼんやりして、判断力が鈍っていました。

 

そういう時に限って、間の悪い事が起こったりするものです。

 

もうじき仕事が終わり、道具を片付けて下の階に下りようかという頃。

階段の手前のスペースで道具を片づけたりしていると

下から院長先生と事務局長さんが階段を上ってきました。

 

疲れている中

(偉い人が連れ立ってきたな、挨拶しないと)

などと軽く緊張しつつ「お疲れ様です」と声をかけたのですが…

 

その瞬間、院長先生のほうが、私の1.5m手前で足を踏み外したのです。

そのまま、つんのめったように階段に手をつきました。

 

えっ…何、これ…?

まさか、もしかして、私が声を掛けたせいですか…⁉︎

いや、たまたま疲れていたとかで、脚が上がりきっていなかったとかですよね?

 

偉い人2人は、そのまま何事もなかったように、無言で階段を上り切り

焦る私の横をすり抜けて行きました。

 

多分、たまたまでしょう。

外に出て働いていれば、こういうことに出くわすこともあります。

まあ、気まずいのに違いはありませんが…

 

スポンサーリンク

 


 

ランキングに参加中です
応援していただけるととても励みになります

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へにほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

最後まで読んで下さって、ありがとうございました

 

タイトルとURLをコピーしました