黙々と草むしり

スポンサーリンク

 

夜のとばりが下りてもう数時間。

夜中に起きて、ブログを書いて、そのまま夜明けを待って出勤するのが

すっかり日常になりました。

 

昼寝が入ると、短い一日が2回あるような感覚になります。

文字にすると不健康だけれど、慣れたせいかとくに不調はありません。

スペインのシエスタのような感じでしょうか。

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ

 


スポンサーリンク





 

昨日は普段の外回りと違って、花壇や植木周辺の草むしりや落ちている枝などを拾って

集める作業が中心でした。

月に1度の枝・葉・草のゴミ収集日が近いからです。

 

最初は半透明の大きなポリ袋を片手に、落ちている木の葉をホウキとちり取りで拾い

その後は全体の草を抜きます。

 

前日に雨が降っていて土が柔らかく、草を抜くのに丁度いい状態。

軍手の方が草を抜き易いかと思ったけれど、土が予想以上に水分を含んでいたので

ゴム手袋のまま草を抜き始めました。

 

指先が少し余って草を抜きにくいけれど、湿った軍手をはめるよりはマシです。

そういえばこちらでは手袋は「はめる」ではなくて「はく」でした。

 

前の草取りから約4週間。

雨の日がほどほどにあり、気温が上がったのもあって、けっこう草が生え伸びています。

引き抜くと長い根っこがずるずる出てくるので、前回途中で切れた草の根が多かったのかも。

 

抜いた草が袋に溜まるに連れて、草いきれで袋の内側が蒸れて曇っていきます。

できるだけ土を落としているけれど、袋は徐々に重みを増していきました。

 

普段、やや中腰でほうきを使っていると、腰に負担が来ますが

しゃがんだ状態をずっと続けるというのも、膝に負担がかかるものです。

歩く距離が長いので、膝にダメージがあるとちょっと辛いかも…

 

植え込みに半分入ってしゃがんでいると、ときどき背後を住人さんが徒歩や自転車で

通り過ぎていくのが分かります。

 

すると、たま~に

「ご苦労様です」

と声を掛けてくれる人がいたりして…

 

外での作業はそれなりに大変ですが、ちょっとした一言で元気が回復したりして

ありがたいし、もう少し頑張ろうと思えたりもするのです。

 

スポンサーリンク

 


ランキングに参加中です
応援していただけるととても励みになります

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へにほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

最後まで読んで下さって、ありがとうございました



タイトルとURLをコピーしました