地元に戻って欲しかった

スポンサーリンク

 

仕事中にはまだ曇っていただけの空が、昼過ぎには怪しくなり

今は大粒の雨がベランダのたたきを濡らしています。

外回りをする今週は、とくに空を気にしてばかり。

出掛ける頃には止みますように。

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ

 


スポンサーリンク





 

仕事を終えて、退勤時間までの約30分。

いつもお茶を飲みながら、M村さんと話をしています。

 

最初は割と当たり障りのない話をしていたけれど

だんだん身の上などの立ち入った話をするようになりました。

 

私は離婚前のことや、今までの職場の話。

M村さんは主に旦那さんの話や義実家の話。

そして昨日は、東京に住んでいる一人息子のことを、ぽつぽつ話し始めました。

 

息子さんは東京の私立大学に行って、向こうで就職しました。

そのまま千葉県の女性と結婚し、今は東京近郊のマンションにすんでいるとのこと。

 

「成績が良かったし、本人が行きたがったから向こうの大学に行かせたけど

全然こっちに戻ってこなくて、孫にも2回しか会ったことがないし。

 

こっちの国公立だったら学費ももっと安かったし、こっちで就職して

もっとうちにも遊びに来れるのに。

何のために高い学費出して、学校に行かせたのかわからなくて」

 

そんな話をしていました。

 

「それは辛いよね、せめて年に1度は帰ってくれればいいのに」

 

相槌を打ちながらそう言ったものの…

ふと頭をよぎったのは、M村さんの旦那さんのこと。

 

過干渉で、何もかも管理したがる、モラハラ気味の旦那さんの話を

これまで何度も聞いています。

 

息子さんは上京を足掛かりにして、自分の父親と縁を切ったような気がします。

学歴を付けてもらった恩は感じているかもしれないし

母であるM村さんに対してはすまない気持ちはあるかもしれないけれど…

 

単純な親離れ子離れといったものではなく、それ以上に父親と距離を取ることを

選ばざるを得なかったのでは。

 

私も親と離れるために上京したクチなので、

内心ではM村さんに100%同意することはできないまま

「そうだよね」

と頷いて話を聞くだけでした。

 

スポンサーリンク

 


ランキングに参加中です
応援していただけるととても励みになります

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へにほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

最後まで読んで下さって、ありがとうございました



タイトルとURLをコピーしました