元職場の人と会えるような辞め方

スポンサーリンク

 

強風と雨の中、出勤。

測った体温が36℃を割るほど冷えていたのに、昼には快晴です。

狭い休憩室が窮屈で、一旦自宅に帰ってきました。

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へにほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

 


 


 

 

今日は3時間の居残りの日。

S木さんが元この職場で働いていた人達と私的に会うため、残業を頼まれた日です。

今頃は皆で歓談しながら食事でもしているのではないでしょうか。

 

私やT中さんが入る前にいた人達の頃は、働く人の数が十分足りていたので

今のような、微妙に軋轢がある人間関係ではないのでしょう。

 

少なくとも、時間がたった時に

(あの人達はどうしてるかな?)

と思い

(会って話がしたい)

と行動に移すだけの人間関係が成り立っています。

 

私たちの代が辞めた時、そうやって先輩や同僚と会って話したりする感じは

あまりありません。

 

もしかしたら、S木さんとはごく稀に会うかもしれないし

T中さんとは、たまーに電話で話すかもしれないけれど…

 

3人一緒に会う状況はおそらく無いと思います。

寂しいような気もするけれど、人には相性もあるし、事情もあります。

 

そして、もし自分が今の職場を辞めるとなったら、何らかの形で揉めそうな気がするのです。

辞めないように説得されたり、新しい人が来るまで辞めないように言われて

そのままズルズル辞めさせてもらえなかったり…

 

でも体力の限界が来たら、強引にでも辞めざるを得ない時が、いつか来ます。

 

何の問題もなくスルッと退職出来て、辞めた後も職場の仲間と会うような状況は、程遠い。

そんな予感しかしないのが、たまらなく残念で仕方がないのです。

 

スポンサーリンク

 


 

ランキングに参加中です
応援していただけるととても励みになります

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へにほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

『毎日が発見ネット』の体験記コーナーで、連載中。

よろしければ、お手隙の際にでもご覧いただけると幸いです。

歩けないほど腰を痛めた妻にコルセットを購入しなかった夫。その驚きの言い訳は.../くるぴた
皆様こんにちは、『離活のためのアラフィフ貯金日記』の管理人〝くるぴた〟です。 ここでは昔、結婚生活中に起こった「おいおい、ちょっと待て」と思うような出来事などを中心に書いていきます。 【前回】初めての義実家訪問。質問攻めにあう私を無視し、夫は眠りこけた.../くるぴた 【最初から読む】某巨大掲示板で知り合った彼と5回会...

 

最後まで読んで下さって、ありがとうございました

 

 

タイトルとURLをコピーしました