縄張り意識の面倒臭さ

スポンサーリンク

 

なかなか寝付けない夜。

起き出して、コップに半分ほど冷えた麦茶を注ぎ、ちびちび飲んでいます。

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へにほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

 


 


 

「ああ、嫌だ嫌だ」

 

私が「お掃除に入ります」と声を掛けて、病室に入ったら

ベッドの縁に腰掛けていた40代くらいの男性の患者さんが

やにわに立ち上がり、松葉杖を突きながら出ていきました。

そのすれ違いざまに呟いていった言葉です。

 

患者さんもいろいろな人がいて

「テーブルや椅子をどけて、隅々までやって欲しい」から

「掃除なんかしなくていいから、自分のベッドの周辺には来ないで欲しい」まで

要求が変わってきます。

 

件の患者さんは後者で、そういう場合はあまり深追いせず、ササッと掃除したり

時には掃除もせずに立ち去るようにしているのです。

 

とは言え、ずっと何もしなければ埃は溜まるので、放置する訳にもいかず

たまにそこそこ手を掛けて清掃して、その患者さんに嫌われることもあります。

 

こればかりは仕事なのでどうしようもないし、私が回るのは

整形外科の病棟で、患者さんもそんなに長期入院をしません。

 

だからしばらく我慢すればいい…

そうは思っていても、それなりに精神的に堪えます。

 

どんな仕事でも、その職場ごとに違ったストレスがあるものだと

割り切って働いているけれど、解っていてもなお

処理に時間がかかる日もあるのです。

 

スポンサーリンク

 


 

ランキングに参加中です
応援していただけるととても励みになります

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へにほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

最後まで読んで下さって、ありがとうございました

 

タイトルとURLをコピーしました