微熱が出て自宅に帰された

スポンサーリンク

 

朝、食事をしようと野菜スープを温めたけれど、今ひとつ食欲が湧きません。

昨夜の残り物だから飽きたのかもと思いつつ、一応胃に納め

冷える空気の中を出勤しました。

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へにほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

 


 


 

 

職場に着いたら、真っ先にやるのは体温の計測です。

さっそく額に体温計をかざすと『ピッ』という音とともに数字が現れました。

 

37.2℃

 

え…

うちの職場では体温が37℃を超えたら、その日の仕事は出来ません。

ほ、本当に…?

えええ…マジで…?

 

とりあえず、S木さんに電話しましたが、出ません。

多分通勤中で、車の運転をしていると思われます。

 

5分ほど経つと携帯が鳴り、出ると

 

「くるさん、なんかあった?

今駐車場から歩いて来てるんだけどさ、さっき電話鳴ったからさ」

 

とS木さんの声が聞こえて来ました。

私が熱があった件を伝えると

 

「えええ!

いや〜、困ったねえ、う〜ん」

 

と言うと、2、3拍置いた後、急に冷静な口調になって

 

「いや、仕事はしたらダメだよ。

家に帰って、しばらく休んで、病院が開く時間になったら

保険証持って内科の方に行って」

 

と答えました。

 

微熱以外には特に風邪のような症状は出ていないので、このまま帰るのに

引け目を感じましたが、規則なので仕方ありません。

 

時刻は朝の6時前、そのままトボトボと帰宅。

着替えて布団に潜って目を閉じるると、元々4時間くらいしか寝ていなかったせいか

そのまま意識を失うように寝てしまいました。

 

気が付くと時計は7時半を指しています。

慌てて身支度を済ませ、職場の病院の内科へと向かいました。

 

受付で問診表を記入している最中、看護師さんがやって来て

 

「先にお熱を計りますね」

 

と、私の額にセンサー付きの体温計をかざすと

 

「はい、36.7℃ですね」

 

と言って、去って行きました。

 

えええ⁉︎

平熱に戻ってる⁉︎

 

肝心の診察の方は、しどろもどろになりながら職場で熱を測って

37℃以上あった件や仕事で疲れていること等を説明しましたが…

 

診断は結局のところ、風邪に関しては特に異常無し。

溜まった疲れが出ただけ、ということでした。

 

昼前にS木さんから電話があり、結果を聞かれましたが

先生に言われたことをそのまま答えると

 

「そう……明日は来れるね。

じゃあ、明日は待ってるから、風邪を引かないように気を付けて」

 

と一言だけ言われて、電話は切れました。

 

今日の仕事はどうなったのか、明日の仕事はどうなるのか…

ともかく今は、別の意味で頭が痛いです。

 

スポンサーリンク

 


 

ランキングに参加中です
応援していただけるととても励みになります

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へにほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

『毎日が発見ネット』の体験記コーナーで、連載中。

よろしければ、お手隙の際にでもご覧いただけると幸いです。

お風呂の排水溝から強烈な異臭が...え? まさか...夫よ嘘と言ってくれ/くるぴた
皆様こんにちは、『離活のためのアラフィフ貯金日記』の管理人〝くるぴた〟です。 ここでは昔、結婚生活中に起こった「おいおい、ちょっと待て」と思うような出来事などを中心に書いていきます。 【前回】結婚写真の夫の目は死んでいたけど...黒歴史の結婚生活でも、唯一の「良かった日」/くるぴた 【最初から読む】某巨大掲示板で知り合...

 

最後まで読んで下さって、ありがとうございました

 

タイトルとURLをコピーしました