先生2人に生徒が1人

スポンサーリンク

 

今日から、一部の仕事が入れ替えになりました。

病棟のトイレ掃除が無くなって、手術室関係と全診察室のゴミを回収します。

 

仕事を教えるため、S木さんと課長さんが何回かは付き添いをする予定です。

まずは今まで通りに地下1階の掃除をして、そこから研修に入りました。

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へにほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ


 


 

 

最初は、地下の倉庫に行き、『ダストカー』と呼ばれる布製のワゴンを

取って来るところからです。

 

真っ暗な倉庫の電灯を点けると、課長さんが早足でスーッと倉庫の奥に

入って行って、ダストカーを出して来ました。

するとそれを見たS木さんが

 

「ちょっと!何やってるの!

ダストカーの置き場所から教えないと、研修にならないでしょ!」

と、すごい剣幕で怒鳴りつけました。

課長さんは

 

「あ、ハイハイ、ごめんごめん」

 

と、ほうほうの体で謝って、カートを元に戻しています。

 

課長さんとS木さんは、組んで仕事をする機会が多いのですが

上司と部下ではなく、ベテランパートと後から入った正社員の関係そのもの。

 

もちろん最初なので、細かい部分から教えてもらえる方がありがたいのですが

正直、ちょっと引きました。

 

その後も2人に付いて仕事を教わったのですが、今度は正面玄関の横にある

大きい蓋のついたゴミ箱の、蓋がなかなか外れませんでした。

 

課長さんとS木さんで、あーだこーだとモメながら、ようやく外しましたが…

 

どうやら蓋の縦横が逆になっていたらしく、誰が間違えたのかで

S木さんが文句を言うと、課長さんがハイハイと言った感じで

謝っていました。

 

その後は特にトラブルも無く、無事に研修は終了。

仕事の内容そのものは、残業や祝日対応の作業と被る部分が多くて

比較的早めに覚えられそうです。

 

ただ、何というか…人間関係の見なくていいものまで

見てしまった感じというか…

 

『船頭多くして、船山に上る』とも言うし、教わる側が1人なんだから

教える方もどちらか1人で良かったのでは…と後からつくづく思ったのでした。

 

スポンサーリンク

 

ランキングに参加中です
応援していただけるととても励みになります

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へにほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

 

『毎日が発見ネット』の体験談コーナーで、連載中。

お手隙の際にでもご覧いただけると幸いです。

ベッドから変な臭いが...年に4度はオネショする夫の稚拙な隠蔽工作/くるぴた
皆様こんにちは、『離活のためのアラフィフ貯金日記』の管理人〝くるぴた〟です。 ここでは昔、結婚生活中に起こった「おいおい、ちょっと待て」と思うような出来事などを中心に書いていきます。 前回の記事:収入のことを頑なに話さない夫。パンドラの"ゴミ"箱を漁ってみると... /くるぴた 夫婦とはいえ、元々は他人同士。 結婚前と...

 

最後まで読んで下さって、ありがとうございました

 

タイトルとURLをコピーしました