仕事辞めたいランキング2位の私

スポンサーリンク

 

日曜日、休日。

緊張感を失うと、筋肉痛と関節痛が驚くほど自己主張を始めます。

平日はなんとか持ちこたえていたのが、一気に表に出てくるのです。

 

そうなると、買い物には行けず、掃除も出来ず…

在宅の仕事とゴロゴロすることで時間が埋め尽くされていきます。

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へにほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ


 


 

 

皆、内心では嫌々仕事をしているであろう、現在の職場。

でもT中さんが、掛け持ちしていたもう一つの仕事を辞めたため

かなり長くここに勤めることが決定しました。

 

70歳まではテコでも辞めないと思われるS木さん。

この2人は定年まで勤める目算が高いです。

 

その一方で、20代のY崎さんは、もう『辞めたくて辞めたくて仕方がない』

といったオーラを常に出しています。

今まで職場と同じ区内に住んでいたのに、最近、隣の区に引っ越しました。

 

いつまで経っても求人で次の人が決まらないため、課長さんが随分説得して

引き留めていますが、退職するのはもう時間の問題ではないかと思われます。

 

そして私。

Y崎さんのようにあからさまに表に出してはいないけれど

生活にさえ困らなければ、もしくは限界を超えたら

いつでも職場を去りたいと思っています。

 

でも辞意を表に出さない分、私が一番タチが悪いかもしれません。

課長さんやS木さんは私が断らず、それほど嫌そうにもしないので

安心して休日をずらしたり、急な残業を入れてきますが…

 

私が「辞めたい」と言い出したら、多分2人としては

突然辞めたがってるようにしか見えないかもしれないです。

 

しかも私の場合は説得されても、辞めると言う時点で限界を超えているので

問答無用で退職してしまうでしょう。

ある意味、地雷か時限爆弾のようなものだと思います。

 

スポンサーリンク

 

ランキングに参加中です
応援していただけるととても励みになります

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へにほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

 

『毎日が発見ネット』の体験談コーナーで、連載中。

お手隙の際にでもご覧いただけると幸いです。

ベッドから変な臭いが...年に4度はオネショする夫の稚拙な隠蔽工作/くるぴた
皆様こんにちは、『離活のためのアラフィフ貯金日記』の管理人〝くるぴた〟です。 ここでは昔、結婚生活中に起こった「おいおい、ちょっと待て」と思うような出来事などを中心に書いていきます。 前回の記事:収入のことを頑なに話さない夫。パンドラの"ゴミ"箱を漁ってみると... /くるぴた 夫婦とはいえ、元々は他人同士。 結婚前と...

 

最後まで読んで下さって、ありがとうございました

 

タイトルとURLをコピーしました