親知らずを別の奥歯の場所に移植しました

スポンサーリンク

親知らずが引っ越した

昨日は歯科クリニックに行って、歯の移植を行いました。

覚悟はしてきているものの、歯の治療…

それもあまり身近でやった経験のある人がいない施術。

やはり不安です。

 

でも病院に行った時間帯には他の患者さんが全然いなくて

待ったなしで治療が始まったのは

かえって迷いや雑念を払えて、良かったかもしれません。

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へにほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへにほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

いつも応援ありがとうございます

 


スポンサーリンク

 

歯の移植の経過

顔の上半分にタオルが掛けられて

何も見えない中で手術は行われました。

 

まずは麻酔の注射を、右の上あごと下あごに1本ずつ。

上はそこまででもなかったけれど

下は結構痛かったです。

 

麻酔を終えてしばらく放置された後、まず下の

割れた歯から抜くことになりました。

 

これが、本当に麻酔が効いているのかと思うくらい痛くて…

「痛かったら手を上げてくださいね」

と先生に言われ、間髪入れずに上げました。

 

もともと割れた歯だったせいか、こう、スポンと

抜けるような感じじゃなくて

歯の根っこを器具で掻き出しているような感覚です。

後から先生に聞いたら、患部の歯は根が2本ほど溶けていたらしいので

そのせいだと思います。

 

それが終わると、今度は右上の親知らずの抜歯。

こちらはさっきと比べて無痛と言えるくらい痛みがありません。

 

それでもしっかり頭を抑え込まれて

メリメリと歯が抜ける感覚は、何とも言えないものがあります。

 

抜歯が終わり口をゆすぐと、口の右半分が閉じなくて

砂出しをするアサリのように

ピューッと水が噴き出しました。

 

その後、止血のためガーゼを嚙まされて

「しばらくこのまま待っててください」

と言うと、先生と衛生士さんはその場を離れていきます。

 

口の中に鉄の味が広がっているけれど

この時点では痛みはさほどありません。

 

その代わりに麻酔がだんだん効果を広げてきて

右の頬から口周りの全体、そして舌の先が痺れてきて

この後の仕事に響くのではとハラハラしつつ…

 

別のところで小休止しているらしい先生と衛生士さんが

楽しそうにガールズトークを交わすのを

遠くに聞いていました。

 

出血が止まったと思しき頃、先生たちが戻ってきて

「じゃあ、親知らずをこっちに植えますね」

と言いました。

 

「歯のサイズが合わないとあごの骨を削る」

と事前に聞いていたので、緊張しつつ目を閉じていると

何やら試行錯誤している様子で時間がかかったけれど

骨は削らなくて済んだようで、一安心。

 

「ちょっとボンドの臭いがしますよ」

と言われてすぐ、口中に強烈なボンドの臭いが充満しました。

接着剤が喉の方に垂れたりしないか、心配になるほどです。

 

はめた歯を何度も噛み合わせたりして、噛み合わせが合うように歯を削ると

上からピンク色の圧迫材でコーティングして今回は終わり、のはずが…

 

最後にレントゲンを撮るときに、先生が奥歯に噛ませる部品を

圧迫材に引っかけて外してしまい、被せ直しました。

 

それでも終わってみれば、右下の抜歯以外は予想したほど痛みもなく

あっさり終わった感じです。

 

最後の説明で、先生が

「親知らずを90度回転させたら、ちょうど穴にはまりました」

というのを聞いて、午前中まで自分の体の一部だった親知らずが

工業製品の一つの部品のように使い回されていて

何とも不思議な感覚でした。

まあ、これも一つの経験でしょう。

 

困ったのはなかなか頬と舌の麻痺が消えなかったこと。

夕方の出勤時間まで、やきもきしましたが

何とか仕事には差し障りがない程度まで回復して良かったです。

 

昨日の晩御飯

キムチ鍋のおじや、胡瓜の白だし漬け、納豆、ほうじ茶。

胡瓜は食卓に置いたけれど、食べられませんでした。

 

スポンサーリンク

 


 

ランキングに参加中です。

応援していただけるととても励みになります。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へにほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へにほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

『毎日が発見ネット』の体験記コーナーで、連載中。

第1第3土曜日に更新予定。21日に更新しました。

「本当に大事にされてる?」同棲中の私に母が一言。浮気夫の正体を見抜いた理由は.../くるぴた
皆様こんにちは、『ぼっちシニアの幸せ探し貯金日記』の管理人"くるぴた"です。 ここでは昔、結婚生活中に起こった「おいおい、ちょっと待て」と思うような出来事などを中心に書いていきます。 【前回】10万円の品物を36回払いで...? お金のない元夫がローンで買った高額品にイラッ! アラフォーで結婚した私と元夫ですが、当時、...

最後まで読んで下さって、ありがとうございました。

 

タイトルとURLをコピーしました