1時間遅くなる出勤

スポンサーリンク

 

スマホの目覚ましを5時に合わせたのに、4時に目が覚めてしまった今朝。

身支度はもう全部済ませました。

この後のことを思うと緊張するけれど、何とか自分を落ち着せて

パソコンの前に座っています。

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へにほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

 


スポンサーリンク

 


 

 

今朝から、清掃のパートの女性が一人増えます。

担当を引き継いでもらうため、私が教育係をするのです。

新人さんが来れるのが6時半からなので、私も6時半出勤になりました。

 

これまで2人、S木さんが研修しているのを見たけれど

1人は1か月、もう1人は翌日に辞めています。

 

この仕事は覚えることが多いので、それだけで引いてしまうかもしれないし…

ただ、一旦覚えてしまえば、一人仕事の部分が6割以上なので気楽な部分も多いのですが。

 

S木さんが新人さんにマニュアルを渡したと言っていたけれど

1年半前とは変わっているところも多いので、確認しないといけません。

 

実は一番心配なのは、1時間遅くなると掃除する場所が無人でなくなる場所が多いこと。

5時半からだと、誰もいない場所を掃除するので楽なのですが

1時間遅いと、看護師さんや助手さんが活動を始めている場所も多く

病棟に行く頃には患者さんも普通に起き出しています。

 

その隙間を縫って、仕事を教えながら早く動けるか。

その辺りがどうなるのか…

とにかく実際にやってみないと分かりません。

 

新人さんが「仕事に着いていけそうだ」という印象を持ってくれれば

嬉しいのですが。

 

スポンサーリンク

 


 

ランキングに参加中です
応援していただけるととても励みになります

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へにほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

『毎日が発見ネット』の体験記コーナーで、連載中。

昨日更新しました。

よろしければ、お手隙の際にでもご覧いただけると幸いです。

マンションなのに一晩中大音量でゲームをする夫。おかげで私は不眠症に.../くるぴた
皆様こんにちは、『離活のためのアラフィフ貯金日記』の管理人"くるぴた"です。 ここでは昔、結婚生活中に起こった「おいおい、ちょっと待て」と思うような出来事などを中心に書いていきます。 【前回】我が家が貧乏なのは「猫」のせい? 光熱費すら払えない薄給夫の根拠なき主張/くるぴた 【最初から読む】某巨大掲示板で知り合った彼と...

 

最後まで読んで下さって、ありがとうございました

 

タイトルとURLをコピーしました