また1人新人さんが入る

スポンサーリンク

 

昨日から2人男性の新人さんが入って、賑やかな休憩室。

賑やかと言えば聞こえが良いですが、3畳間に入る人が増えて

空間はギュウギュウ、ものすごい密です。

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へにほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

 


スポンサーリンク

 


 

 

一通りの仕事を終えて休憩室に戻ると、S木さんが声を掛けてきました。

 

「あのさぁ、求人広告の方から面接の人が1人入ることになったから、これで多分大丈夫だわ。

女の人だし」

 

ああ、これで私とS木さんが抜けても5人体制に戻ります。

T中さんが抜けて以来でしょうか。

この数か月、よく4人で持たせてきたものです。

 

しかし、その後、S木さんはこう続けました。

 

「その代わり、その新人さんはくるさんの後を継いでもらおうと思うから

仕事を教えてあげてくれる?」

 

その場で「ハイ」と返事をしましたが、家に帰ってからちょっと緊張してきました。

 

辞めるのだから、引継ぎがあって当然です。

今の仕事は、途中で病院の方から細かく指示があって、最初に仕事を教わった頃とは

少し内容が違っています。

 

家に帰ってから、最初にもらったマニュアルを見ながら、変わった点を確認して

昨夜からすこしずつ修正しています。

 

それにしても、ずっと人が集まらなかったのに、2人がハッキリ辞めると言ってから

急に人が集まりだしました。

 

2人の男の人はもともと会社に所属している人なので、本気を出せば

今までも人を集められたと言うことです。

 

人件費を節約するため、敢えて4人で出来るところまでやらせていたのではないか…などと

穿った見方さえしてしまいます。

それはともかく、新人さんに頑張ってもらえるように、丁寧に仕事を教えなければなりません。

それまでに修正版マニュアルを完成させなければ。

 

スポンサーリンク

 


 

ランキングに参加中です
応援していただけるととても励みになります

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へにほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

『毎日が発見ネット』の体験記コーナーで、連載中。

昨日更新しました。

よろしければ、お手隙の際にでもご覧いただけると幸いです。

マンションなのに一晩中大音量でゲームをする夫。おかげで私は不眠症に.../くるぴた
皆様こんにちは、『離活のためのアラフィフ貯金日記』の管理人"くるぴた"です。 ここでは昔、結婚生活中に起こった「おいおい、ちょっと待て」と思うような出来事などを中心に書いていきます。 【前回】我が家が貧乏なのは「猫」のせい? 光熱費すら払えない薄給夫の根拠なき主張/くるぴた 【最初から読む】某巨大掲示板で知り合った彼と...

 

最後まで読んで下さって、ありがとうございました

 

タイトルとURLをコピーしました