理不尽をぶつけ合って生きている

スポンサーリンク

 

仕事を終えた午後、ペットキャリーを提げて、病院へ。

先月から、もう何回通ったことか。

ほんの3㎏余りの重みが、力仕事を終えた手には、ずっしりと感じられます。

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ

 


スポンサーリンク


 

帰宅した猫は不機嫌で、おしりをこちらに向け、布団の端にうずくまっています。

首にはエリザベスカラー。

 

「前のは引っこ抜いてしまったそうなので、細めに付けました」

先生の言葉が甦ります。

 

細めに、というのは首元をきつくするのではありません。

朝顔型のエリザベスカラーを、花が満開になったような状態ではなく

つぼみが開いたときのような、すぼめた形で装着することでした。

 

これがまた、餌や水から口までの距離が遠くて食べにくく、毛布にも潜り辛く

不便ったらありません。

 

しかし普通に装着すると、何が何でも引っこ抜いてしまうし…

可哀想だけど、このまましばらく様子を見るつもりです。

 

乳腺腫瘍が発覚してからというもの、猫にとっては理不尽なことばかりだと思います。

 

怖いところにしょっちゅう連れて行かれて、腹は切られるし、縫われるし

服は着せられるし、テープでぐるぐる巻きにされるし…

 

しかし着せたり付けたりしたものを、猫が一定期間受け入れてくれていたら

2週前には抜糸が終わっているのです。

 

治療がなかなか進まず、夜中でも何でも叩き起こされ

結局何度も余計に病院にも行かなければならないし…

それはそれで理不尽だと感じてしまいます。

 

今も黒い糸が通った傷口を見ると、たまらない気持ちになるけれど

正直疲れてきたというのも少しあります。

かと言って途中で投げ出すわけには絶対に行きませんが…

 

結局、言葉の通じない者同士が、互いの理不尽をぶつけ合って、それでも何とか

折り合いを付けながら、一緒に生きていくしかありません。

 

早くトンネルを抜け出したいです。

 

スポンサーリンク

 


ランキングに参加中です
応援していただけるととても励みになります

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へにほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

最後まで読んで下さって、ありがとうございました

 

タイトルとURLをコピーしました