猫の手術と将来の孤独

スポンサーリンク

 

うるさかった猫も、普段私が出勤する時間になると、自分の寝床に行って眠りにつきました。

すっかり寝入った辺りで、強引に抱き上げてペットキャリーに入れ、動物病院へ。

外は雨上がり。

空気が冷えています。

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ

 


スポンサーリンク


 

順番が回ってきて、診察室で先生が猫の横腹に聴診器を当てると

それまで鳴きもせず微動だにしなかった猫がシャーシャー怒り出しました。

 

ごめん、ごめんね

と言いながら、そのまま猫を先生に引き渡し、待合室に戻って待っていると

受付のお姉さんが

今日はもう帰っていいですよ

とのこと。

明日の正午に引き取りに行けばいいそうです。

 

人間だったら手術の間待っているのに、動物だとこういうものなのか…

 

終わるまで待っているつもりだったので、なんだか腑に落ちないような

中途半端な気持ちを抱えて、家に戻りました。

 

帰宅すると、まだ昼前。

わざわざ仕事を休んで作った時間が、そのまま手付かずで残りました。

 

猫がいなくなったら、時間が余って余って仕方がないのでは…と思っていましたが

実際に一人で過ごしていると、一日はあっという間。

 

大して何もしていない、何も感じていない、手元に何も残らない、空っぽの時間。

それなのに恐ろしいスピードで通り過ぎていきます。

 

愕然としました。

将来、本当に一人になったら、こんな生活が待っているのでしょうか。

背筋を寒いものが走ります。

 

これが、孤独…

 

若い頃の孤独にはまだ夢や希望が寄り添っていたけれど

50代後半の孤独は、そうか、こういうものなのか…

 

上手く言葉にできない、ほの暗いものが胸に広がっていくのを感じました。

 

スポンサーリンク

 


ランキングに参加中です
応援していただけるととても励みになります

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へにほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

最後まで読んで下さって、ありがとうございました

 

タイトルとURLをコピーしました