退院したのはいいけれど

スポンサーリンク

 

手術をして、一泊の入院をした猫を迎えに行った昨日。

仕事を終えて帰宅してすぐ着替え、動物病院に向かいました。

見慣れない服を着た猫は、すでにキャリーの中に入れられて待っていました。

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ

 


スポンサーリンク


 

先生のお話では、レントゲンの結果、肺への転移は見られず

手術も成功したとのことで、ひとまず安心しました。

取った腫瘍は悪性か良性か調べるところに送ったそうで、まだまだ予断を許しませんが…

それでも家に帰ることで、猫にとって最大のストレスからは解放されるでしょう。

 

家に連れ帰ってキャリーの蓋を開けると、猫は手術後とは思えない速さで家の奥へ。

普段あげている餌を皿に出すと、すごい勢いで食べ始めました。

入院中は一切餌に手を付けなかったと聞いていたので、食欲が戻ってやれやれと言った感じです。

その後自分の寝床に戻って寝た様子なので、ちょっと買い物に出て戻ってみると…

 

 

あっ…

脱いでる!!!!

 

うちの猫はもともと痩せているので、服がゆるかったけれど

身をよじって脱いでしまったようです。

 

縫った傷跡が痛々しく、慌てて病院に電話すると

外に出たり、他に傷跡を舐めてくるような動物がいなければ大丈夫

とのことで、急遽エリザベスカラーをレンタルすることになりました。

 

急いで病院に行き、スナップボタン式とマジックテープ式の2種類のカラーを借り

すったもんだの末、何とかマジックテープ式の装着に成功しました。

 

今、猫は怒ってキャットタワーの箱の部分から出てきません。

 

今後は日曜日に一度病院に連れて行って、手術から約10日後に抜糸らしいです。

とにかく、ひたすら疲れた一日でした…

 

スポンサーリンク

 


ランキングに参加中です
応援していただけるととても励みになります

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へにほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

最後まで読んで下さって、ありがとうございました

 

タイトルとURLをコピーしました