出勤時間があと15分早ければ

スポンサーリンク

 

昨日は普段の5時間の仕事に加え、3時間の残業。

すっかり週に1回の恒例になってしまいました。

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へにほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

 


 


 

 

職場にいる間は気を張っているせいか、まだ動けるけれど、帰宅した途端に

何か一つ動作をする度、ギクシャクしながらでないと動けなくなります。

 

こういう日は不意に寝落ちして1時間で目覚める、というのを繰り返してしまい

何もしないで、あっという間に深夜になってしまうのです。

 

それでも今日は飛び入りで個室の掃除が入らなかったし

ゴミ集めの最中に患者さんがトイレを使用中だったりが少なくて、助かりました。

 

地下1階と1階のゴミの収集の仕事を割り振られてからというもの

病室のゴミ回収と掃除が遅れ気味になっているのが、目下の悩みです。

 

時間帯によって先生の回診が入ったり、看護師さんが体温や血圧を測ったり

清拭やオムツ交換など、清掃の者が病室に入れない状況が多発します。

 

出来れば30分、せめて15分は早く出勤して仕事を始めれば

そういった事態を避けられると思うのですが…

 

ただそれだと、守衛さんに閉まっているドアの鍵を開けてもらったり

電気を点けてもらったりの手間を掛けてしまいます。

 

それに何より、本当だったらもっと普通の時間で働きたいと思う

自分の首をますます絞めることになるでしょう。

 

掃除を担当する病室の部屋数を、せめて3割減らしてもらえれば

一番ありがたいのですが…それはそれで難しそう。

 

とは言え、ドクターや医療関係の職員さんが病室に出入離する時間帯の

作業の困難さを考えると、とても悩ましい問題なのです。

 

スポンサーリンク

 


 

ランキングに参加中です
応援していただけるととても励みになります

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へにほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

『毎日が発見ネット』の体験談コーナーで、連載中。

よろしければ、お手隙の際にでもご覧いただけると幸いです。

お酒無しではいられない夫がアルコールアレルギーになった結果...!/くるぴた
皆様こんにちは、『離活のためのアラフィフ貯金日記』の管理人"くるぴた"です。 ここでは昔、結婚生活中に起こった「おいおい、ちょっと待て」と思うような出来事などを中心に書いていきます。 前回の記事:ベッドから変な臭いが...年に4度はオネショする夫の稚拙な隠蔽工作/くるぴた 私の元夫はお酒が大好き。 一番好きなのは日本酒...

 

最後まで読んで下さって、ありがとうございました

 

タイトルとURLをコピーしました