守衛さんも1人減る

スポンサーリンク

 

昨日、ひと仕事終えて休憩室に戻ると、S木さんが難しい顔をしていました。

「Iさんが今月一杯で、守衛辞めるんだよねえ」

また人が辞める話です。

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ

 


 


 

私がここに来るようになってから、研修期間を含めてもまだ5か月程なのに

人がどんどん減っていきます。

 

しかし、Iさんと言われても、今一つピンと来ません。

 

守衛さんは3人いますが、それぞれ最初に会った時にチラッと名前を聞いたけれど

ロッカーなどに名前は無く、出勤簿も別になっているので

顔は知っていても、名前を憶えていない状態。

 

小さいお爺さんと、普通のお爺さんと、セクハラ爺さん。

頭の中ではそんな風に分類していたのです。

 

どの人だろうと思って、話をよくよく聞いてみると

どうやら『普通のお爺さん』がIさんだった様子。

内心、セクハラの人じゃなくて、ガッカリしました。

 

もう何か月も前から「辞めたい」と言っているのを頼み込んで続けてもらっていたら

限界が来たらしいとのこと。

 

S木さんは眉間に皺を寄せて

 

「コロナで人を募集しても全然応募がないから。

あっても79歳の人とか…

この病院は特殊だから、その歳じゃ仕事が覚わらないさ。

 

仕方がないから残りの2人の守衛さんで勤務日を増やしてもらって

いままで段ボール集めをしてもらってた分は、私と課長で何とかするしかないさ」

 

などと言っています。

 

でも午後の3時間の仕事の人がクビになってから、新しい人が入らず

代わりにやっているのがS木さん。

 

結構負担が大きいので、今後こちらにもしわ寄せがある気がします。

こんなに人が来ない現場では仕方がないとはいえ…

 

私も辞めたくなったときに、すぐには辞めさせてもらえないだろうというのは

容易に予測がつきます。

 

今すぐ辞めようとは思っていませんが、先を考えると頭の痛いところです。

 

スポンサーリンク

 


 

ランキングに参加中です
応援していただけるととても励みになります

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へにほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

最後まで読んで下さって、ありがとうございました

 

タイトルとURLをコピーしました