もう1人の守衛さんも替わる

スポンサーリンク

 

今日は何故だか、やたらと喉が渇き、仕事帰りに家の近所の自販機で

何か飲み物を買うことにしました。

いつも持ち歩いている赤い小銭入れを開くと、中身は10円玉が2枚。

黙って小銭入れをバッグに戻し、自宅マンションの階段を上りました。

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へにほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

 


 


 

今朝、寝不足の頭を抱えてフラフラ出勤すると、守衛室の前に靴とサンダルが

並んでいました。

その光景に一瞬、違和感を覚えたけれど、そのまま

「おはようございます」と部屋に入ると…

 

守衛さんが2人いました。

1人は先日入ったばかりの新人さんで、もう1人は全然知らない人です。

 

新人さんの方がこちらに気付いて話をするには

 

「あ、今度◯◯さんがあと2回来たら辞めるんで、この人が入れ替わりで

入るんですよ」

 

とのこと。

 

3人いる守衛さんのうち、これで2人が辞める訳で…

清掃もだけれど、こちらもなかなかの定着率の低さです。

 

思えば前にいた守衛さん達にも、随分と愚痴を聞かされたものでした。

「仕事がきつい」

「スケジュールが厳しい」

「低く見られている気がする」…etc。

 

それでもちゃんと次の人が決まっている分、清掃よりはずっとマシですが。

 

それにしても新人の守衛さんは、まだ入って日が浅いのに

もう次の人に仕事を教える立場になってしまって、ちょっと気の毒でした。

説明しながら、自分もマニュアルと首っ引きです。

 

もし私が今の職場に勤めて1ヶ月で誰かに教える事になったら

恥も外聞もなく逃げ出したかもしれません。

 

そう言えば、仕事を終えて帰る頃になると、以前、監視カメラを見ていた若い男性が

今日も同じように監視カメラの画像を見ていました。

ということは、やはりこの人はうちの会社の営業さんで、新しい守衛さんの件で

来ていたのでしょうか。

 

ここの現場に来る営業さんは、課長さんやS木さんとは話をするけれど

パートの者とは会話しないので、よくわかりません。

 

理解に苦しむ事も多い職場ですが、ここまで来てしまった以上

簡単に辞めるのは難しく、当分はこの状況に甘んじるしかなさそうです。

 

スポンサーリンク

 


ランキングに参加中です
応援していただけるととても励みになります

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へにほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

最後まで読んで下さって、ありがとうございました

 

タイトルとURLをコピーしました