揉め事は勘弁して欲しい

スポンサーリンク

 

いつまで経っても、何気に肌寒い札幌。

夜の帳が下りる頃になると、ついエアコンを点けてしまいます。

数カ所あった猫の寝床のうち、完全に上れなくなった場所の

クッションを洗って干しました。

 

[ affi id=2]にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へにほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

 


スポンサーリンク

 


 

昨日の朝はかなり身体がだるさが残っていました。

連日の寝不足のせいだと思われます。

動きにキレが無いまま、ゆるゆると働いてきました。

 

廊下の角にある4人部屋を掃除していると、おそらく階段の入り口辺りから

男性同士が話す声が聞こえてきました。

 

「いや、それは出来ないですよ。

時間的に無理です。

そういう約束で来てないから」

 

Y崎さんの声です。

だとすると、相手は課長さんでしょうか。

 

清掃の範囲のことでいろいろ揉めているようです。

私もたまにやらなければならない作業が追加されて、内心うんざりしつつも

了承する、といったことはあります。

基本的に作業は増えることはあっても、減ることはありません。

 

しかし、これはちょっと不味いかも…

Y崎さんは一旦辞めようとしたのを、無理矢理説得して残留してもらった人です。

あまり作業が増えたり、揉めたりするようなことがあれば、退職話が

再燃してしまいます。

 

そうなると、ただでさえ人が足りなくてギリギリのこの職場は破綻して

しまうでしょう。

 

支社から臨時の人が派遣されてくるか、残っている者で

Y崎さんの仕事を分担するか…

 

もしも分担と言うことになれば、勤務時間が1時間は延びるのが確実ですが

それは困ります。

猫がほぼ要介護のような状態になっていて、むしろ仕事を辞められるなら

辞めたいと思っているくらいなのに、仕事が長引くなんて…

 

ここは何とかY崎さんと課長さんの間で、事を穏便に済ませてもらわなければ。

少なくとも病室まで聞こえる声で揉めるのは、無しでお願いしたいところです。

 

スポンサーリンク

 


ランキングに参加中です
応援していただけるととても励みになります

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へにほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

最後まで読んで下さって、ありがとうございました

 

タイトルとURLをコピーしました