制服が廃番になっていた

スポンサーリンク

 

自由になるはずの時間を自由に使えない今、優先すべきことはいくつもあるけれど

睡眠不足もここに極まれりといった感じで、厳しい日々が続きます。

こちらの手首に顎を載せてくる猫の、喉以外の場所からゴロゴロいうような

喘鳴の音が聞こえてきました。

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へにほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

 


スポンサーリンク

 


 

会社から、制服のシャツが1枚支給されました。

制服は基本的に年に一回、5月支給され、他の人は2着申請しましたが

私は8月に入ったので、袖が切れた1着分だけ申請していたのです。

 

職業柄、制服は着たら必ずその日に洗濯するため、何ヶ月も経つと糸がほつれたり

ヨレヨレになったりしてきます。

 

それでもそこそこ厚手の生地が使われているので、最初に支給された2着のうち

1着はまだ使用可能です。

 

しかし、もう1着は以前、仕事中にT中さんが

「袖にホコリついてるよ」

と言いながら袖の白い糸をビーッと引っ張った際、それがホコリではなく

服本体の糸だったせいで、袖が3cmほど切れていました。

 

ざっくりした風合いを出すために、布地を織る糸に太い部分と細い部分があり

たまたま太い糸が固まった箇所が、ホコリに見えてしまったようです。

 

新しい制服をもらう時、S木さんから

「あのねえ、Lサイズだけ在庫が無くて、製造元でも廃番になってたのさ。

だからちょっと見た目が違うけど、病院には許可取ったから」

そう言われてました。

 

袋に入っている間はさほどちがうようにみえませんでしたが…

出して見ると、意外と違っています。

 

これまでの制服はいかにも木綿といった感じの生地でシャキッとしていたのが

化繊っぽいテロッとした布になっています。

着丈も若干長いようです。

 

それでもまあいいか、と昨日試しに下ろしたところ、最初は涼しいと思いました。

ですが、しばらく働いていると、じわじわ暑くなってきたのです。

汗をそんなに吸わない感じが影響しているようですが…

 

いやー、これは前の方が良かったかも。

でも廃番ではしかたありません。

 

いちおうエアコンがある職場なので、何とかなりそうな気はするけれど

こっそり袖が切れたシャツを着る日があるかも知れません。

 

スポンサーリンク

 


ランキングに参加中です
応援していただけるととても励みになります

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へにほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

最後まで読んで下さって、ありがとうございました

 

タイトルとURLをコピーしました