T中さんに捕まりやすい土曜日

スポンサーリンク

 

緊急事態宣言を控えて、入院している患者さんの数が

ジワジワと減っていきます。

入院しなければならない人も当然いるので、ゼロにはならないけれど

私が担当している階では、埋まっているベッドは6割くらいの印象です。

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へにほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

 


スポンサーリンク

 


 

今月から土曜日はS木さんは休みで、T中さんとY崎さんがそれぞれ残業して

S木さんの仕事をすることになりました。

私は猫の世話の件もあり、残業を希望しなかったので無しです。

 

昨日も早めに出勤して、少しでも早く仕事を片付けて帰ろうと思っていたのですが…

仕事を終えて、道具庫で片付けをしていると、後ろから低めの声で

 

「お疲れ様で〜す、今ちょっといい?」

 

と声が掛かりました。

T中さんです。

 

ああ、これは長引きそうだと感じつつ、声が掛けられた方に向き直ると

T中さんは

 

「あのね、トイレのウォシュレットのノズルが黒ずんできてるから

ちゃんとやってくれると、ありがたいんだけど」

 

と言いました。

言われたトイレは元はT中さんが担当していたので、気になって

チェックしていたのでしょう。

ただ、黒ずみは経年劣化で、漂白でもしないと落ちません。

 

以前、S木さんには

「ハイターは患者さんに臭いで苦情が来るから禁止」

と言われています。

 

T中さんの意見と、こちらが教わってきた内容に、ところどころ

話が噛み合わない部分があります。

 

よくよく聞いてみると、それぞれの場所で使う洗剤の種類を、私は

 

流し台や洗面所=明るい青の洗剤

トイレ=暗い青の洗剤

人が触れる部分の消毒=イオン水

 

と教わっているのですが、T中さんの認識では

 

流し台や洗面所=明るい青の洗剤

トイレ=10倍に薄めた漂白剤推奨だが、他の人はイオン水を使っている

人が触れる部分の消毒=無し

 

となっていました。

 

トイレ掃除に漂白剤を使うのは、臭いはともかくキレイにはなるので

まだしも、ドアの取っ手や便座の座る所を

イオン水で消毒してないのは不味い気がします。

 

そう言えば以前、T中さんが私が使うトイレ用の洗剤を見て

 

「えっ、その洗剤、濁り過ぎじゃないの?

そんなになる前に交換しないとダメだよ」

 

言われたことがあったけれど…今思えば、洗剤を間違えていたのでは…

 

T中さんは清掃業としてはベテランだけれど、今の職場に入ったのは

私の2ヶ月前で、そこまで差はありません。

 

彼女に話を聞いたり指導を受けたりすると、マニュアルをほとんど無視しているので

いつも対応に困るのです。

かと言って、私が意見するのは、雰囲気的に難しく…

 

とりあえず、他の洗剤を流し切ってから、ノズルにはちょっとだけ

ハイターを使って、漂白しておくしかなさそうです。

 

漂白する旨を伝えると、T中さんは納得して帰って行きました。

ここまでで、約15分。

 

休憩室での15分ならまだしも、患者さんや職員さんが行き交う廊下での

15分はなかなか厳しい…

 

ほんの4、5人の小世帯の職場なのに、人間関係とは難しいものです。

 

スポンサーリンク

 


ランキングに参加中です
応援していただけるととても励みになります

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へにほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

最後まで読んで下さって、ありがとうございました

 

 

タイトルとURLをコピーしました