丁寧にやれば良いと言うものでもない

スポンサーリンク

北国とはいえ、さすがに暑くなってきた今日この頃。

気温はせいぜい28℃でも、湿度が80%になってくると不快指数も上がります。

フェイスシールドとマスクと眼鏡で顔面サウナ状態になって

うっすらとした霧の中にいるようです。

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へにほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

 


スポンサーリンク

 


 

前々から気になっていたのですが、病棟にあるトイレの個室のノブの一部が

黒っぽくくすんでいます。

錆ではないけれど、普通のスポンジや雑巾ではこすっても落ちません。

 

(もしかして、白くてキメの細かいメラミンスポンジなら落ちるかも…)

 

そう思って、仕事が終わった後に休憩室でアイスコーヒーを飲んでいた

S木さんに事情を話して、メラミンスポンジを使っていいか聞いてみると

即、却下されました。

 

「あのね、向こうに言われてないことは、わざわざやったらダメだよ」

 

聞くところによると、病院と清掃会社の間では最初の段階で

どんな作業をどこまでやるか、キッチリ契約していて

その作業への対価が決まっています。

 

それを超えてこちらが仕事をしてしまうと、契約を知らない現場にいる人は

それが当たり前になってしまって、その後も契約した以上のことを

期待するようになるのです。

 

すると余計な手間と時間がかかる分、会社は人件費がかかるし

「◯階では××をやっているのに、うちの階ではやってない」

という話になって、他の階で作業する同僚にも迷惑がかかってしまいます。

 

もし、病院側からやるように言われたら、対応することになるようですが…

 

仕事はボランティアではありません。

契約からはみ出さないように働くことも、また必要なことなのです。

 

スポンサーリンク

 


 

ランキングに参加中です
応援していただけるととても励みになります

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へにほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

最後まで読んで下さって、ありがとうございました

 

タイトルとURLをコピーしました