わずかながらも楽しい仕事

スポンサーリンク

 

金曜の夜、休日まであと1日。

エアコンをつけるほど暑くないけれど、微妙に過ごしにくい夜です。

食後に洗い物をして、珪藻土マットに置いたら、ずっとジーッという

妙な音が鳴っています。

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へにほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ


 


 

 

地下1階と1階のゴミを集めるようになって、4日目。

そこそこ時間が掛かるし、体力を消耗する仕事です。

 

今まではこの仕事はS木さんと課長さんが交代でやっていましたが

その分超過勤務だったらしく、課長さんが

 

「これなら(自分達は)出勤時間を30分遅くできる」

 

と言い出したとかで、S木さんが後から

 

「これだから男の人はダメなんだ、すぐに楽をしたがる。

だから新規採用の方も男の人は取りたくないのさ」

 

とあきれたように言っていました。

まあ、楽をしたいのは私もそうだし、誰だって同じだとは思いますが…

 

ただ、この新しい作業、最初の数分だけはちょっと楽しいのです。

 

ゴミ袋が1つも入っていないゴミカートは本体が軽く、車輪の転がりが良くて

押しながら走ると気持ち良くスピードが出ます。

 

カート自体が勢いよく転がり出すと、普通に手ぶらで走るより

気分良く走れるのです。

 

怪我をした患者さんが、素で歩くより歩行器を使った方が歩きやすいのと

同じような原理かもしれません。

 

カートを収納する場所から、最初にゴミを集める場所まで

少し距離があるので、ターッと軽快に(自分比)走っていきます。

 

そこで、ゴミを大量に収拾したら、楽しい部分はおしまい。

あとはずっしり重くなったカートを押しつつ、所々でゴミを追加していく

重労働のスタートです。

 

どっちにしろ、当分はこの体制で仕事をすることになるのでしょうし

少しでも楽しい部分を探すほうが前向きでしょう。

 

『楽あれば苦あり』とはよく言ったものですが、楽がゼロよりは救われます。

 

スポンサーリンク

 

ランキングに参加中です
応援していただけるととても励みになります

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へにほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

 

『毎日が発見ネット』の体験談コーナーで、連載中。

お手隙の際にでもご覧いただけると幸いです。

ベッドから変な臭いが...年に4度はオネショする夫の稚拙な隠蔽工作/くるぴた
皆様こんにちは、『離活のためのアラフィフ貯金日記』の管理人〝くるぴた〟です。 ここでは昔、結婚生活中に起こった「おいおい、ちょっと待て」と思うような出来事などを中心に書いていきます。 前回の記事:収入のことを頑なに話さない夫。パンドラの"ゴミ"箱を漁ってみると... /くるぴた 夫婦とはいえ、元々は他人同士。 結婚前と...

 

最後まで読んで下さって、ありがとうございました

 

タイトルとURLをコピーしました