雪の日の診察

スポンサーリンク

 

今日は休日。

月に1度、猫の血液検査をすることになっており、数日前に病院の予約をしていました。

 

夜の間に新たな雪が積もって、表は真っ白。

そんな中をペットキャリーを提げて、病院に向かいます。

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ

 


スポンサーリンク


 

午前中に少し陽が差して

(このまま晴れてくれたら…)

と思ったけれど、出掛ける頃になったら雪がちらつき始めました。

 

ヒーターの前で無防備に寝ている猫を抱き上げて、大急ぎでキャリーの中へ。

キャリーには毛布を敷き、猫の上からも小さい毛布を掛けるけれど

それでも万全とは言えないでしょう。

 

寒い中を滑らない程度に急いで歩き、病院に向かいました。

今日はほとんど待ち時間も無く、すぐ診察に入りました。

 

変わった様子はないか聞かれ

薬は飲んでますけど、2時間くらいで吐いてしまうことがあるのと

たまに息が荒いように見えることを伝えると、先生は

「そうですか…」

と言いながら、カルテに何か書き付けていました。

 

「今から血液検査と身体検査をしますね」

と言いながら、先生がキャリーを持って処置室に入るとすぐ

いつものように低い怨嗟の声が待合室に響いてきました。

 

気を紛らわせようと、待合室のマガジンラックに差してある『ねこのきもち』を手に取り

読み始めた途端

ギャーーーーーーッ

と叫ぶ声が大きく何度も響き渡り、雑誌を読むどころではなくなってしまいました。

 

しばらくすると、先生がキャリーを運んできて

「血液検査はしましたが、胴囲やあちこちを測ったりは出来ませんでした」

とのこと。

手術をした頃よりも元気になったので、抵抗が激しくなったようでした。

 

検査の結果は2~3日後に電話で伝えてもらい、その結果如何で

次の診察日が決まるそうです。

 

本日の診察料は15,433円。

財布の中身がギリギリで、カードも持って行かなかったため、軽く冷や汗をかきました。

 

こうした毎月の出費は懐が寒くなるけれど、これを払う必要が無くなった時に待つのは

より冷え切った生活でしょう。

 

私にとって、その瞬間から『余生』が始まります。

それを遠ざけるためなら、多少の出費も厭うわけにはいかないのです。

 

スポンサーリンク

 


ランキングに参加中です
応援していただけるととても励みになります

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へにほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

最後まで読んで下さって、ありがとうございました

 

タイトルとURLをコピーしました