新人さんとの遭遇

スポンサーリンク

 

冬の陽射しがほんのりと熱を伴って、辺りを照らした午後。

それでも寒さはひとしお。

夜のうちに雪が氷に変わったまま、溶け切らずに道にへばり付いていました。

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ

 



 

月曜日から出勤しているはずの新しいパートさんに、今日ようやく遭遇しました。

仕事が一通り終わって、後片付けをする専用の流し台がある場所で。

 

普段の仕事中は周囲にいるのが、患者さんの他は先生や看護師さんや助手さん

理学療法士さんなどがほとんどなので、たまに同じ清掃の制服の人を見るとホッとします。

 

新人さんはO野さんという名前で、52歳だというのは

月曜日にS木さんから聞いていました。

 

O野さんは実際に会ってみると、背が高く真面目そうな感じの人。

 

「お疲れ様です、くるぴた(仮名)です」

 

と話しかけると

 

「はい、どうもお疲れ様です。

O野です、初めまして」

 

と、よく通る声で明るく返事をしました。

ああ、これは、S木さんが気に入りそうな感じの人です。

とりあえず人当たりの良さそうな人で、こちらも安心しました。

 

しかしここで問題が…

後片付けをする専用の流し台というのが、一人分しかないのです。

 

普段は他の人とは終わる時間が微妙にずれているので、かち合うことは少ないけれど

今回は不慣れな者同士で、同じくらいの時間に作業が終わったようでした。

 

お互い「どうぞどうぞ」と譲り合いになりましたが、私は洗い物の他に

掃除機を片付ける用事もあったので、先にそちらを済ませることにして、事なきを得ました。

 

それにしても、S木さんにせよT中さんにせよ、今の職場の先輩はアクの強い人が多いので

普通に明るい雰囲気のO野さんが、このまま居着いてくれるとありがたいと思いつつ…

 

業務用の重い掃除機を手に提げて、階段をゆっくり下りたのでした。

 

スポンサーリンク

 


ランキングに参加中です
応援していただけるととても励みになります

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へにほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

最後まで読んで下さって、ありがとうございました

 

タイトルとURLをコピーしました