怪しい人感センサー

スポンサーリンク

 

今日は3時間の残業。

そして、また歯医者の予約がぶつかってしまいました。

前回は予約が4時からで焦ったけれど、今日は5時からなので

まだマシなのですが…

次の予約は気を付けなければ。

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へにほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

 


 


 

ところで病棟の一角に、あまり人が入院していない2人部屋がいくつかあります。

そこはコロナの検査をした入院患者さんが、結果が出るまで

一時的に入るために空けてあるところです。

 

陰性だった患者さんは他の4人部屋などに移されますが

陽性だった患者さんはそのままです。

陽性の人は滅多にいませんが。

 

人がいなくても埃は積もるので、そういう部屋にも毎日掃除に入ります。

先週の土曜日、その内の一部屋の入り口の引き戸を開けた瞬間

床頭台のランプがついたのです。

 

床頭台は、テレビが置かれていて、引き出しなどの収納が付いている台のことで

足元の方に人が近付くと感知して灯が点くセンサーが付いています。

 

しかし入り口とその床頭台までは、1.5mくらい距離があります。

そんなに離れていても感知するものなのでしょうか。

 

一瞬ドキッとしましたができるだけ平静を保ち、その部屋を一通り掃除していると

そのライトはフッと消えました。

 

そして部屋を出るときに、チラリと床頭台の下に目をやると

見た瞬間に、またパッとライトが点いたのです。

 

ドキドキしながら

(やっぱりセンサーの機械のせいだ、そうに違いない)

そう思い込むようにして、別の部屋に移動しました。

 

しかし昨日、平静を装いつつ例の部屋に入ったのですが…

ライトは点きません。

 

えっ?と思って、コンセントを確かめると、一応刺さっていました。

だったら、先週のあれは何だったのか。

 

以前、入院していたある患者さんで

 

「ライトが点くのが嫌だから」

 

と、床頭台の前に荷物を置いていた人がいたけれど

何となく気持ちが分かるような気がした出来事でした。

 

スポンサーリンク

 


 

ランキングに参加中です
応援していただけるととても励みになります

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へにほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

『毎日が発見ネット』の体験談コーナーで、連載中。

よろしければ、お手隙の際にでもご覧いただけると幸いです。

初めての義実家訪問。質問攻めにあう私を無視し、夫は眠りこけた.../くるぴた
皆様こんにちは、『離活のためのアラフィフ貯金日記』の管理人〝くるぴた〟です。 ここでは昔、結婚生活中に起こった「おいおい、ちょっと待て」と思うような出来事などを中心に書いていきます。 【前回】「ドラキュラかよ...」明るい照明が苦手な夫。薄暗い部屋での生活は散々なもので.../くるぴた 【最初から読む】某巨大掲示板で知...

 

最後まで読んで下さって、ありがとうございました

 

 

タイトルとURLをコピーしました