16歳になれるのか

スポンサーリンク

 

今日は3時間の残業がありました。

もうヨレヨレです。

洗濯した制服をヨロヨロと干し終えて、一旦パソコンの前に座りました。

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ

 


スポンサーリンク

 


 

昨日、猫を検査に連れて行きました。

 

昔はキャリーに入れるのも一苦労だった猫だけれど、最近はあっさり入ります。

キャリーの入り口で、脚を突っ張る体力も無くなってしまったのでしょう。

 

まだまだ寒い街中を抜けて、掛かり付けの医院に到着。

 

体重は手術直前の2.7㎏から3.1㎏まで戻っていて、ホッとしたたけれど

レントゲンの結果はおもわしくないものでした。

 

咳の方は気管が狭くなっている部分があるので、そこを広げる薬を使うとのことでしたが

それとは別に、映って欲しくないものが映っていたのです。

 

気管と肺の付け根のところと、背骨に近い腸の2か所に影を作る、小さな転移巣。

 

乳腺腫瘍は悪性だと聞いていましたが…

手術は10月。

そこから半年で、もう転移が始まっていたのでした。

 

抗がん剤治療は地道に続けてはいたのです。

でも薬を入れたフードをだんだん残すようになり

薬を入れてなくても、そのフードを食べなくなって…

他に薬を入れても目立たなそうな、味の濃い餌をいろいろ試している最中でした。

 

もうちょっと何とかしてやれなかったのか、もっといい方法はなかったのか。

それより、最初にもっと早く病気に気付くことができていたら…

悔やんでも悔やみきれません。

 

もうあと何年も一緒にいるのは無理、そう思ったら

今すぐ仕事も何もかも投げ出して、ずっと側にいてやりたい気持ちで一杯になります。

 

だけど実際にはそこまでの経済力も無く、仕事をすぐ辞めることもできません。

甲斐性無しの飼い主で、申し訳なくなります。

 

うちの猫は10月生まれの15歳。

あと半年たった時、病状はどんなふうになっているのでしょうか。

想像するのも恐ろしいです。

 

スポンサーリンク

 


 

ランキングに参加中です
応援していただけるととても励みになります

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へにほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

最後まで読んで下さって、ありがとうございました

 

タイトルとURLをコピーしました