家に居たい日に限って残業3時間

スポンサーリンク

 

猫が寝ている間に、こっそりペットキャリーを出しました。

このあと動物病院に直行です。

暖かくなったと言っても、気温は1桁。

使い捨てカイロを振って、キャリーに敷いた毛布の下に忍ばせました。

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ

 


スポンサーリンク

 


 

今日から土曜日まで仕事です。

 

休み明けだというのに、やっぱり途中でクタクタになり

徐行…とまではいかないけれど、全速力で動くことができませんでした。

不健康なのは自覚があるけれど、先日行ってきた健康診断の結果が気になります。

 

定時より15分オーバーで仕事を終え、帰宅。

昼食を摂って、1時間ほど寝て、猫を病院に連れて行く準備を終えたところです。

 

自分の健康も気になるけれど、それ以上に気になるのが猫の身体。

己のことなら、痛い部位や痛さである程度どんな状態か、多少は想像がつくけれど

動物の体調はどうなのか…

 

素人が見ても明らかに症状があるときは、けっこう進行した後というパターンが多く

言葉が通じればいいのにと、何度思ったことか。

 

しばらくの間は少しでも傍にいてやりたいけれど、明日に限って3時間の残業があります。

交代でやる仕事だし、上からの指示で断るわけにもいきません。

 

明日もいつもの5時間勤務を終えた段階で、ヨレヨレになるでしょう。

昼に一旦家に帰り、45分ほど休んで、病院に戻り3時間の勤務。

 

毎朝出勤するときはクールな猫も、残業で病院に戻る時は、毎回足に纏わりついて

ニャーニャー鳴いています。

 

呼吸困難の発作みたいな不安になる病気の時に、いつもより余計に家を空けるのが心配で

内心では残業を拒否したい気持ちで一杯です。

 

スポンサーリンク

 


 

ランキングに参加中です
応援していただけるととても励みになります

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へにほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

最後まで読んで下さって、ありがとうございました

 

タイトルとURLをコピーしました