人手は1.5人足りない

スポンサーリンク

 

昨日、仕事が終わって休憩室で手を洗っていると、S木さんが戻ってきました。

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へにほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

 


 


 

「あー、お疲れ~」

 

と小さく頭を下げながら部屋に入ってきたS木さんは

 

「あのね、来週の平日で1日残業できる日無い?

どうしても1日空けないといけなくなってさ」

 

と話しかけてきました。

 

今月のシフト表に私の残業はありません。

少し前に、体がきついと話したら、今月は残業無しに決まっていました。

 

でも、T中さんとY崎さんは週に2~3回くらい残業しているし

一人だけ残業無しになるのは、ちょっと肩身が狭かったのです。

だから断る理由はありません。

 

「引き受けます」と答えると、S木さんはパッと表情が明るくなり

 

「よかった、ありがとねー。

来週、前ここで働いてた人3人が急に会おうってことになってさ。

なかなか午後休みが取れなくて困ってたのさ」

 

と言いました。

なるほど…

現場にもよりますが、清掃の仕事は比較的少人数なのと

『同じ苦労を共にした仲間』みたいな感じで、結束が固まりやすい気がします。

 

S木さんは普段から守衛の仕事を含めて週6日出勤なので

たまには半日くらい休んで、旧交を温めるのもいいのではないかと思いました。

 

「せめて週3回でも来てくれる人がいれば

こんな時も自由に休みが取れますよね」

 

私が何気無くそう口にすると、S木さんは眉根を寄せて

 

「いや、それじゃ足りないわ。

やっぱり普通に週5日来れる人と、午後から専門の人が1人ずつ来ないと…

1.5人は必要だわ。

こっちも本当にもう限界さあ」

 

と答えました。

 

普段、S木さんの口から「疲れた」とかは聞いていても

「限界」みたいな切実な愚痴を聞くのは初めてです。

 

責任感でここまで来てはいるものの、今の状態が相当堪えているのを感じました。

 

私だって毎日30分から1時間は無償で残業しているし

T中さんとY崎さんの3時間の残業も、残業代こそ出ているものの

本来の人数がいれば、しなくてもいい仕事です。

 

会社は赤字だ黒字だと言う前に、現場がどれだけ疲弊しているか

考えてもらわないといけない時期に来ていると思います。

今日のレシート

 

スポンサーリンク

 


 

ランキングに参加中です
応援していただけるととても励みになります

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へにほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

『毎日が発見ネット』の体験記コーナーで、連載中。

よろしければ、お手隙の際にでもご覧いただけると幸いです。

初めての義実家訪問。質問攻めにあう私を無視し、夫は眠りこけた.../くるぴた
皆様こんにちは、『離活のためのアラフィフ貯金日記』の管理人〝くるぴた〟です。 ここでは昔、結婚生活中に起こった「おいおい、ちょっと待て」と思うような出来事などを中心に書いていきます。 【前回】「ドラキュラかよ...」明るい照明が苦手な夫。薄暗い部屋での生活は散々なもので.../くるぴた 【最初から読む】某巨大掲示板で知...

 

最後まで読んで下さって、ありがとうございました

 

 

タイトルとURLをコピーしました