2020年12月のパートの収入と患者さんから物をもらうな令

スポンサーリンク

 

今月も無事に給料が振り込まれました。

給与明細の他、給料袋に同封されていたのは、源泉徴収書。

年末ですね。

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ

 


スポンサーリンク

 


 

<今月の明細>

時間給 99,870円(マンション14日分・病院3時間4日分・5時間6日分)

社会健康保険 5,022円

介護保険 848円

厚生年金 8,967円

雇用保険料 317円

所得税 0円

通勤手当 5,880円
____________

振込金額 90,596

でした。

 

今月の給料は先月より9千円ほど下がりました。

月の途中の配置転換でマンションから病院に移って、3時間の仕事が減ったのと

11月は30日までしかない上に、祝日が2日あったのが影響したようです。

 

交通費は病院に来てから支給されなくなったので、日割り計算になっています。

時給はマンション勤務時より99円上がるので、次は6桁に戻って欲しいところです。

 

ところで、病室を掃除をしていると、そこの患者さんから

ときどき物を頂くことがあります。

 

主に飴が多いのですが、チョコやビスケット、消費期限を過ぎた物などを

もらったことがあります。

 

他の人の中には千円札を渡されたことがある人もいますが、さすがに断ったそうです。

 

そんな中、病院の方からお達しがあり、患者さんから金品を受け取っては

いけないことになりました。

 

この時世ですから、コロナ対策のために不要な接触を減らすというのもありますが

もう一つ理由が…

 

患者さんには認知症が入っている人もいます。

自分で他の人にあげたにも関わらず忘れてしまい

「物が無くなった!」や「盗まれた!」と言い出すことがあるのです。

 

その場合は当日なら返せば済むのですが、数日経っていたり

そもそも人にあげていないのに、「ここに来た人にあげた」と言い出す例もあったようで

「本人が良いと言っても、絶対物を受け取らないように」という話になったようです。

 

多少残念な気もゼロではないけれど、無用なトラブルが減るなら、従うことに異存はありません。

仕事中は作業に集中して、手早く終わらせるように心掛けたいと思います。

 

スポンサーリンク

 


ランキングに参加中です
応援していただけとおもう励みになります

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へにほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

最後まで読んで下さって、ありがとうございました

 

タイトルとURLをコピーしました